紫陽花を綺麗に切り花で長持ちさせる方法

花器に活けた紫陽花

家のお庭に綺麗に咲いている紫陽花。

その紫陽花を家の中でも楽しみたいですよね。

でも、紫陽花は水揚げが悪くて、切り花にしても、
上手に水揚げしないとすぐにしなっとなってしまいます。

私も上手にできなくて、色々と試してみました。

上手に水揚げして、家の中で紫陽花を長く楽しめる方法をいくつかご紹介しますね。

切り花を長持ちさせるコツ

水切りのイメージ

まずは、基本として

  • 水分を植物から失わせないこと=植物を水不足にしないこと
  • 菌の繁殖を防ぐため、よく切れるハサミ、よく切れるナイフを使う
  • 花器は清潔にしておくこと
  • 水切りを毎日すること
  • 水を毎日取り替えること

なんだ、簡単なことと思いますよね。

そうなんです。
ただそれだけなんですけれど、なかなか難しいのが水不足にしないってこと。

水不足の原因

切り口の状態が悪いことで、水分を十分に吸い上げられなくなり水不足になります。
そして、供給される水分量が、葉や花から蒸発する水分量より少ないと水不足になります。

 

紫陽花の水揚げの方法

花器に活けた紫陽花

切り取った花の不要な葉を取り除きます

まず最初に水切りをする前に、不要な葉を取り除くことで、
葉から発散する水分を減らし、水分不足を軽減します。

水切りの方法とワタとり

水切りとは水の中で茎をハサミで切ること。
こうすることで、茎に空気が入らないようにします。

  1. 深めのバケツなどにたっぷり水を入れておき、紫陽花の茎の切り口を水中で切ります。
  2. スパッと切ることが大切。導管を潰さないように切ります
    潰れると水の吸い上げが悪くなってしまいます。
  3. 斜めに切る。切断面が広くなり水の吸い込みが良くなります
    斜めに切る方が導管を潰れることなく、そして傷つけることなく、スパッと切れます。
  4. 紫陽花の導管にはワタがあります。それをハサミの先などで取り除きます
    取り除いたら茎を縦にカットします。こうすることで吸水が良くなります。
    紫陽花のワタの取り方イラスト
  5. 切った後は水の中に30分ほど浸けておく。切り口が乾燥しないように注意しましょう。

この水切りの作業は、毎日することで花を長持ちさせることができます

紫陽花にはこの方法が簡単に花を長持ちさせることができます。

焼き揚げする方法

焼くことで菌の繁殖防止と切り口を炭化させ水を吸い上げやすくします。

  1. 花や葉に熱が伝わらないように、焼く根元以外の部分は、
    必ず濡らした新聞紙できちんと巻いて保護します。
  2. 切り口を2〜3㎝ほどを真っ黒(炭化)になるまで数分焼き、すぐに水につけます。
  3. 水が揚がったら、炭化した部分は水の中で切り戻す。
  4. ハサミで切り口を十字に切って給水面を広げる。

焼き揚げする方法も、よく生花の世界では行われています。
ちょっと手間はかかりますが長持ちさせるには良いですね。

切り口を叩く方法

  1. ハンマーなどで茎の切り口を軽く叩き、吸水面積を広げ水を吸い上げやすくします。
  2. 水につける。水が揚がったら、叩いた部分を取り除く。

ハンマーで叩くときに注意することは、強く叩きすぎないで繊維をほぐすような感じで。

この方法は水が汚れやすいので、抗菌効果のあるものを併用すると良いですね。

割る方法

ハサミで半分、十字に切って水を吸い上げやすくします。

湯揚げ方法

  1. 葉と花が付いている部分に湯気が当たらないように新聞紙を巻いて、
    バケツなどに熱湯を1〜2センチほど入れて20〜30秒ほどつける。
  2. 湯からあげたら、すぐに深水につける。
  3. 水が揚がったら変色した部分を水の中で切り戻す。

 

ぐったりしてしまった紫陽花を元気にする方法

花器に活けた紫陽花のアレンジメント

水揚げに失敗したり、水不足になってお花がしなっとしてしまった時にすると良い方法。

深水法

新聞紙で花首が下がってしまった花を巻く。
巻きつける時に、花首をまっすぐにするためギューっと巻くことが大切です。

茎が新聞紙から出るようにしておきます。

バケツに水をたっぷり入れて新聞で巻いた花をつける。

水から出ている新聞紙に霧吹きで水をかけて湿らせておきます。

そのまま半日〜1日置いておきます。

新聞紙をとる。お花が元気に回復しているはずです。

 

お花を活ける時に長持ちさせるものあれこれ

花器に活けた紫陽花

  • 焼きミョウバン
  • 市販の活力剤、延命剤
  • 銅材を入れる

などを入れると花持ちが良くなります。

お庭で摘んできた紫陽花は、新しい枝のものよりも古枝の方が水揚げが良いですね。

焼きミョウバン

焼きミョウバンを使うことで花の導管を柔らかくすることができ、水揚げが良くなります。

  1. 濃度10%以上の水溶液(水200ccに焼きミョウバン大さじ1)を作り、
    水切りをした紫陽花を水溶液の中に3〜5分つける。
  2. 茎の切り口に焼きミョウバンを指ですり込む。
  3. 茎の切り口に焼きミョウバンをまぶしてから、ハンマーなどで叩いて切り口に焼きミョウバンをしみ込ませる。

1、2、3のいずれかの方法をとってから、
紫陽花を新聞紙で巻いて、新聞紙が浸かるくらいの水に1〜2時間つけておく。

市販の活力剤、延命剤

活力剤や延命剤は水揚げを良くする成分や、水の鮮度を保つ成分が入っています。
これを薄めて使うのが簡単で、花もちを良くすることができますね。

レインボー切り花延命剤

プロ用水揚げ促進剤ハイスピード

などがあります。プロ用水揚げ促進剤はプロ用だけあって効果が期待できますよ。

銅剤を入れる

10円玉を水の中に入れるだけで殺菌効果が期待できます。

これはお金もかからなくていいですね。

 

紫陽花の水揚げ方法まとめ

紫陽花の水揚げの方法をいつくか紹介しました。

ちょっとした手間をかけてあげるだけで、
1週間は綺麗にお花を愛でることができることと思います。

一番簡単なのは水切りしたものを延命剤を入れたお水に活ける方法。
さらに、ワタを取ってあげると花の持ちが良くなりますよ。

水換えの時は、再度水切りをしてお花の水揚げをよくしてあげましょう。

今年、お庭に咲いた紫陽花を綺麗に飾ってみてくださいね。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!