冬のガーデニングでも重宝されているクリスマスローズは
多くの色形で冬の庭を明るく演出してくれます。

鉢植えで育てれば玄関先も華やかに彩ることができるでしょう。

しかし生育の早いクリスマスローズは
根詰まりも起こしやすい一面があり、
植え替えが必要となります。

今回は地植えと鉢植えの植え替え方法の違いや
時期などをまとめてみました!

是非参考にして植え替えを成功させてくださいね。

クリスマスローズを知ろう!

科名:キンポウゲ科
学名:Helleborus
別名:レンテンローズ ヘレボラス
原産地:ヨーロッパ 西アジア
草丈:30cm~60cm
主な開花期:12月-4月

クリスマスローズは毎年花を咲かせる多年草です。

ひと株で何年も咲かせることができるのも
人気の理由のひとつです。

しかし、何年も同じところに植わっていると
根の伸びるスペースが無くなってしまうことも。

結果的に根詰まりを起こして、枯れたり
花付きの悪くなる原因ともなります。

そこで根詰まりを防ぐ為に植え替えを行いましょう!

鉢植えは勿論、地植えでも寄せ植えで
窮屈になってきたり、日当たりの関係で
移動したいなどの理由でも植え替えは行うもの。

次にクリスマスローズの植え替え時期や植え替え方法をご紹介します!

植え替えをしよう!

それでは早速植え替えを行いましょう!

植え替えには適した時期があります。

ここを間違えると花付きが悪くなってしまったり
上手く育たなくなるので注意してくださいね。

  • 植え替えの時期

クリスマスローズの植え替えは
生育期の10〜3月に行います。

時期をずらして植え替えを行うと、
枯れたり花付きの悪くなる原因となるので
注意しましょう!

 

鉢植えの場合

クリスマスローズの鉢植えは、
市販のクリスマスローズ用の土と、
株よりも一〜二回り大きな鉢を準備します。

植え替えの前日に手で持って軽く
固まるくらい土を湿らせておきましょう。

  1. 7号(直径21cm)以上の大きな鉢は底に
    軽石を敷いてから鉢の1/3ほど土を入れる
    6号(18cm)以下の鉢なら、そのまま
    土を鉢の1/3ほどいれる。
  2. 下処理をした株を鉢の中心に置く
    株がぐらつかないように土を周りに入れる
  3. 鉢の縁から下2〜3cmまで土を入れる
  4. 翌日の朝、鉢のそこから流れ出るくらいたっぷりと水を与える。

 

地植えの場合

土の準備を進めていくところが鉢植えと違います。

これは、雨の影響で酸性に傾いている土を
クリスマスローズが育ちやすい
中性〜アルカリ性の状態に整えておくためです。

以下の手順にしたがって準備をしておけば、
植え替えの手順自体は鉢植えと変わりません。

  1. クリスマスローズを植え替える風通しのよい
    半日陰の場所を選ぶ
  2. 植え替える株よりも一〜二回り直径と
    深さのある大きな植え穴を掘る複数植えるときは、株同士の間隔を
    50〜60cmほど空けて穴を掘る
  3. 掘り起こした土に腐葉土や苦土石灰を混ぜて
    1週間以上寝かせる
  4. 植え替えの前日に掘った穴に水を注ぎ
    土を湿らせる
  5. 下処理した株を地面に対して水平より
    少し高くなるよう植え替える
  6. 植え替えの翌日の朝、水やりをする

 

まとめ

植え替えは手間がかかりますが
綺麗な花を咲かせる為には必須です。

クリスマスローズは丁寧にお世話をする事で
何年も楽しむことができます。

これを機に植える場所を変えてみたり
新しい鉢にしてみるなど
楽しみながら植え替えを行なってみましょう!

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!