シクラメン寄せ植え

冬を彩るシクラメンのお花。

シクラメンにはいろいろな品種があり、寒さに強いものもあります。

寒さに強いガーデンシクラメンと相性の良い寄せ植えできるお花を幾つか紹介しますね。

 

寂しくなりがちな冬の玄関を素敵にシクラメンの寄せ植えで華やかに飾りましょう。

シクラメンの選び方

シクラメンの種類

室内向き鉢花 大輪、中輪のシクラメン

暑さ、寒さに弱いものが多い。

フリルの入ったものや、八重咲きなど種類が豊富。

 

原種シクラメン

地中海沿岸に自生する野生種。

または原種系のシクラメンの性質を受け継いだ園芸品種。
耐暑、耐寒のあるものが多い。

 

ミニシクラメン 小輪シクラメン

園芸品種のシクラメンの花径が4㎝以下のもの。
ガーデンシクラメンとミニシクラメンの違いは、耐寒性の有無。

 

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンはミニシクラメンの中から特に寒さ、暑さに強い系統のものを選抜し改良されたもの。

品種改良が進み花の種類も多くなってきている。

丈夫で戸外でも育てられ、花付きも良い。

 

玄関先に置く寄せ植えに向くのはガーデンシクラメン

シクラメンの寄せ植えを作るときに玄関先などの屋外に置くときには
耐寒性のあるガーデンシクラメンを購入しましょう。

気温が0℃を下回らなければ軒下などで大丈夫ですよ。

ガーデンシクラメンは花色もたくさんあり、屋外でも花が長く咲き春まで楽しめます。

 

大輪や中輪のシクラメンは耐寒性がないので、冬は家の中で管理するようにします。

部屋の中で楽しむ場合は、耐寒性はあまり気にしなくても良いですね。

ただし、暖房が効きすぎたお部屋では株が弱ってしまいます

 


Sponsored Link

シクラメンの寄せ植えで相性の良い花一覧

シクラメンの寄せ植えにオススメのお花7種

パンジー・ビオラ

シクラメンと寄せ植えに合う花 パンジー

花期:11月〜5月

パンジーは水はけの良い土を好むので、シクラメンと相性バッチリです。

ビオラは少し湿気があるのを好みます。

 

ジュリアン

シクラメンとの寄せ植えに合う花 ジュリアン

花期:12月〜4月

日当たりと水はけの良い土を好むのでシクラメンとの寄せ植えに向いていますね。

 

カランコエ

シクラメンとの寄せ植えに合う花 カランコエ

花期:10月〜5月

日当たりを好み、乾燥に強く加湿に弱いという性質はシクラメンとの相性が良いですね。

冬の寒さは苦手なので、室内での寄せ植えに向いています。

 

アリッサム

シクラメンとの寄せ植えに合う花 アリッサム

花期:2月〜6月

日当たりで、やや乾燥気味を好みます。土が乾いたらたっぷりと水やりします。

 

イベリス

シクラメンとの寄せ植えに合う花 イベリス

花期3〜5月

丈夫で育てやすく水はけの良い土壌を好みます。

 

ノースポール

シクラメンとの寄せ植えに合う花 ノースポール

花期:12月〜5月

乾燥に強く、寒さにも耐える丈夫な花。

 

デージー

シクラメンとの寄せ植えに合う花 デージー

花期:12月〜5月

耐寒性はあるものの、霜に当たると花が痛みます。

日当たり、風通し良い場所を好み、水切れしない程度に水やりします。

 

リーフや実を楽しむ寄せ植え素材9つ

葉牡丹

シクラメンとの寄せ植えに合うリーフ 葉牡丹

寒さに強く、乾燥気味の土壌を好むので、土が乾燥したらたっぷりと水やりします。

 

オタフクナンテン

水やりは土が乾いた時。冬に紅葉するオタフクナンテンをカラーリーフとして寄せ植えに。

 

コニファー

水やりは土が乾いたら。

いろいろな葉色や草丈のものがありますから、数種類を混ぜて寄せ植えするのも綺麗です。

 

チェッカーベリー

シクラメンの寄せ植えに合うリーフ チェッカーベリー

寒さに強く、冬の間中さくらんぼのような赤い実を鑑賞できます。草丈が低く寄せ植えしやすいです。

水はけの良い土に植えて、土が乾燥してきたらたっぷり水やりします。

 

シロタエギク

シルバーリーフを寄せ植えで楽しみます。

「シラス」という品種は、葉のギザギザが少なく丸い葉が可愛いくてオススメです。

日当たり、土の表面が乾いたら水やりをし、土を選ばないのでシクラメンと相性はとっても良いですね。

 

ハツユキカズラ

シクラメンの寄せ植えに合うリーフ ハツユキカズラ

薄くピンク色に染まるリーフを楽しみます。

乾燥に強く、水やりもシクラメン同様に土の表面が乾いたら与えます。

 

セダム

シクラメンの寄せ植えに合うリーフ セダム

コロコロとした多肉植物が寄せ植えのアクセントになります。

寒さ、暑さにも強いので室内、屋外共に寄せ植えできます。

水やりも、土が乾燥したらたっぷりと与えます。

 

ヒューケラ

花は5月からですが、リーフ素材として楽しめます。

耐寒性があり、乾燥にも強いので水やりも土の表面が乾いたらでOKです。

 

ヘデラ

寒さにも強く、水やりもシクラメンに準じます。

斑が入ったものや、葉の大きさも様々あります。寄せ植えには小さめのリーフを選ぶと良いでしょう。

寄せ植えの鉢に垂れ下がるように植え込むのがオススメです。

 

シクラメンの寄せ植え作り方のコツ

寄せ植えは、9月上旬から遅くとも12月の中旬までには作りましょう

  • いろいろな花を取り入れる寄せ植えも華やかですが、
    シクラメンだけを寄せ植えしたものも素敵です。
  • 寄せ植えに選ぶ花は性質が似たものを選ぶと間違いない
  • 隣の植物と葉が触れ合わないように離して植えつける。
  • 浅い鉢にたくさん植えすぎないようにする。
  • シクラメンの葉は色も様々なので、リーフプランツとしても楽しめます。

寄せ植えの作りかた

準備

  • シクラメンの土などの水はけの良い清潔な土を用意します。
  • 自分で配合するなら、赤球土の小粒6:腐葉土4に、
    リン酸分の多く含まれた緩効性粒状の肥料を普通の使用量の半量を混ぜたものを使う。

寄せ植え作りの手順

  1. 鉢底にゴロ石などを敷いて用意した土を入れる。
  2. ポットから抜いたシクラメンの株を根鉢を崩さないよう
    球根が土の中に埋まってしまわないように浅く植えます。球根の3分の1ほどは見えるように。
  3. 植え付けた後、株元は強く押さえつけないようにします。
    泥はね防止と防寒のためにバークチップでマルチングします。
  4. 植え付けが終わったら、鉢底から水が流れるくらいにたっぷり水やりします。
    球根や葉っぱに水がかからないようにしてくださいね。
  5. 明るい日陰に1週間ほど置いてから、徐々に日当たりの良いところへ移動させます。

 

シクラメンの寄せ植えまとめ

シクラメンとシロタエギクの寄せ植え

寄せ植えに使えそうなお花やリーフ、寄せ植えのイメージが湧いてきましたでしょうか?

シクラメンの寄せ植え、ウエルカムフラワーをぜひ作ってみてくださいね。

シクラメンを数種類とリーフプランツを少しという寄せ植えもオススメですよ。

 

冬は花が少なくなり寂しくなりがちですが、シクラメンの寄せ植えで華やかな玄関になりますね。

 

寄せ植えには、同じような環境、条件に合うものを選んで植えると良いです。

シクラメンと一緒に植えれるオススメのお花を参考にしてみてくださいね。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!