シンビジウム

シンビジウムという花名・学名「Cymbidium」の語源は、
「舟・形」という意味のギリシア語からきていて、シンビジウムの唇形の花びらを指しています。

12月~4月に咲く多年草の花、シンビジウム。

そんなシンビジウムの色別の花言葉などを紹介します。
どんな意味や由来があるのかもチェックしてみてください。

シンビジウムは四大洋ランの一つ!

シンビジウムは、洋ランの代表の花4種”四大洋ラン”の一つになっている有名な花です。

「カトレヤ」

非耐寒性の多年草。
開花時期は、春咲きから冬咲きまであります。

カトレヤ

「パフィオペディルム」

非耐寒性の多年草。
開花時期は12月~6月。

パフィオペディルム

「デンドロビウム」

非耐寒性の多年草。
開花時期は、2月~5月。

デンドロビウム

「シンビジウム」

シンビジウム

比較的育てやすくて美しいシンビジウム。
その花言葉をみていきましょう。


Sponsored Link

シンビジウムの花言葉一覧!

シンビジウム全般の花言葉は、

  • 「素朴」
  • 「飾らない心」
  • 「高貴な美人」

素朴や飾らない心の意味は、言動などに飾り気がない・ありのままの心。
シンビジウムの淡い花色に由来しています。

高貴の意味は、気品・上品さがあるということ。
シンビジウムの唇形の花びらなどが上品で美しいですよね。値段も高価です。

西洋での花言葉は、

  • 「magnificence(壮麗)」
  • 「gorgeous love(華やかな恋)」

西洋では、華やかな花言葉がつけられています。
シンビジウムの背丈(~80cm)や花形・花のつき方などが由来しているのだと思います。

シンビジウムの花色は、
暗い赤・ピンク・茶っぽい橙・白・黄・緑などがあります。

そのうちの4色は色別の花言葉があるようなので紹介します。

白色

白色のシンビジウムは特に人気の色です。

白色

花言葉:「深窓の麗人」

”深窓”…部屋の中の奥深いところ。
”麗人”…容姿(顔つきや体つき)が美しい人。

深窓の麗人の意味は、部屋の奥深くにいる手が届かないような美しい女性のこと。

花の印象と純潔な花色に由来していると思われます。

とてもロマンチックな花言葉ですよね。

あまり話をしたことのない美しい人に送ってみては?

黄色

黄色

花言葉:「飾らない心」「誠実な愛情」

誠実の意味は、真心がこもっていて偽りのないこと。

黄色は目立つ色ですが、シンビジウムの黄色は派手すぎない落ち着いた色です。
そんな花色に由来しているようです。

派手な濃い黄色では、着飾っていて自分がメインのようで、誠実な愛情とは思えませんよね。

ピンク色

ピンク色

花言葉:「上品な女性」「素朴」

淡いピンクの花色は、飾り気がなく素朴で目立たないですよね。
素朴だけど、上品さもあります。

黄緑色

白・黄・ピンクなどと比べて人気が低い黄緑色。

緑色

花言葉:「野心」

野心の意味は、ひそかに抱いている大きな望みや、新しいことに大胆に取り組もうとする気持ち。

自然の草木のようなこの花色に由来しています。

 

シンビジウムの値段

シンビジウム

シンビジウムが気になった方は、
鉢植えで育てたり、鉢花・花束を人に送ったりしてみてください。

シンビジウムは、還暦のお祝いやお供え・お悔やみなどにも使われます。

冬の花なので、寒い時期に多く出回ります。

シンビジウムの鉢花・花束の値段相場などをまとめてみました。

鉢花

鉢植えのシンビジウムの値段相場は、
3500円~15000円です。

4000円~5000円で手頃な良い鉢花が買えると思います。

鉢植えで育てるときは、夏の強い日差しや暑さに気を付けてください。
肥料は、洋ラン用の肥料があります。春と秋に液肥を薄めて週に一度あげるなどしましょう。

花束

シンビジウムの花束の値段相場は、花の本数にもよります。
大体4000円~10000円以上です。

シンビジウムの花は、何週間も長持ちします。

切り花を花瓶に飾っておくときは、

  • 水揚げをする。
  • 生ける時と、茎の切り口が変色してきたときなどに、水切り(水中で茎の下を切る)をする。
  • あまり日が当たらず、エアコンの風が当たらない涼しい所に置く。
  • 時々水替えをする。

などに気をつけて飾っておきましょう。

シンビジウムは、花が重くて茎が曲がってきてしまうこともあります。
そんなときは、柔らかめの緑のワイヤーか支柱を使って綺麗に立たせてみてください。

 

まとめ

シンビジウムの花言葉は、その淡い花色などに由来して、
素朴・飾らない心・高貴な美人。

黄色の花言葉は「誠実な愛情」などで、
好きな人に送るには良いですね。

その他のピンクや白色は、美しい人という意味の花言葉があります。

シンビジウムは、素朴で上品な花なので、
和室や和風の庭などにも合いそうです。

ぜひ、シンビジウムに花言葉やメッセージを添えて贈ったり、自分で育てたりしてみてください。

12月~4月に、淡くて上品な花を咲かせてくれます。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!