セクシーな形の幹をしたガジュマル

今回は、

「検索しても色々な記述があって
どれにしたらいいかわからない…」

と迷わないように、
水やり・土・肥料の全てにおいて、
オススメを1つに絞ってご紹介します!

 

ガジュマルの水やり

ジョロで水やりをしている様子

★成長期(暖かい時期)=屋外→毎日
             屋内→2日に1回

☆休眠期(寒い時期) =月に1~2回

“与える時は鉢底から水がでるまでたっぷりが鉄則”
→①土の中にたまった老廃物を流すこと
 ②新しい空気を入れること

“鉢皿にたまった水は必ず捨てる”
→①根腐れの原因になる
 ②ガジュマルが出した老廃物が入った水だから

ガジュマルに限らず、
「水やり三年」という言葉あるくらいに
植物の水やりは難しいものです。

ガジュマルの状態を毎日確認して、
会話ができるようになりましょう!

<コツ>

 ・カラカラに乾いた状態の鉢の
  重さを覚えておく!

  →こうすることで、鉢を持った
   だけで水やりのタイミングがわかります。

 ・葉の向きに注目する!

  →水が切れると、
   明らかに葉が下向きに下がります。

    ※新芽は柔らかいため、
     水が足りていても下に下がったように
     見えるので注意します。

葉水

霧吹きとポトス

“1年を通して与えましょう!”

やり方は簡単!!

霧吹きやジョロで葉に水をかけて
あげるだけです。

<葉水をする理由>

 ・ガジュマルは空気中の湿度を
  好むため

  →この作業をしてあげると、
   気根もよく成長します。

 ・ハダニを予防するため

  →ハダニは乾燥すると発生します。
   ハダニは、葉の栄養分を吸ったり、
   糞で光合成を妨げたりと、
   ガジュマルにあらゆる害を及ぼします。

 ・夏に、葉の温度を下げるため

  →朝晩葉水をすることで、
   葉の温度を下げ、株へのダメージを
   抑えます。

    ※「お疲れ様、今日も暑かったね」
     という感じで与える感覚ですね。

 


Sponsored Link

ガジュマルの土

観葉植物の土が皿に出されている様子

やや高価な市販の観葉植物の土を使えば間違いなし!”

自分で配合するなら…
“培養土 4:小粒タイプ赤玉土 3:鹿沼土 3”

ガジュマルは観葉植物なので、
水はけの良い土を好みます。

※やや高価な市販の観葉植物の土を
 オススメするのは、

  ・小分けになっていて使いきれるから
  ・あまりにも安いものは
   人工的な土が使われていることが
   あるから

 という理由からです。

<人工用土をオススメしないわけ>

※ハイドロボール・セラミス・ジェル・カラーサンド等

 ・水をためすぎて、
  根腐れさせやすいから

  →人工的用土が使われている場合は、
   底穴なしの鉢に植わっていることが多いのです。

   そのため、水を沢山あげすぎて、
   幹がグチョグチョに腐ってしまうことが
   あります。

 ・植物にとっては土が1番良いから

  →室内で虫や臭いが気にならないように
   開発された人工用土ですが、
   それが植物にも快適なものかと
   言われると、決してそうではないのは
   お分かりいただけると思います。

   育てていきたい場合は、
   購入後1年はそのままで、
   翌年の春に土に植え替えてげましょう。

 

ガジュマルの肥料

化成肥料を植物に与えるところ

“N:P:Kの比率が大体同じものが良い!”

“固形肥料が楽でオススメ!”

“成長期(暖かい時期)に与える!”

どの肥料にも必ず、
「N:P:K」の比率は書かれています。

この比率が、大体同じくらいのものが
観葉植物にとっては良いのです。

<肥料の三大要素のおはなし>

自分が育てている植物に必要な
栄養素が多く含まれている肥料を
選ぶと良いですよ!

 ・N(窒素) =葉の栄養

 ・P(リン酸) =花と実の栄養

 ・K(カリ)  =茎と根の栄養

<液体肥料と固形肥料>

 ★液体肥料=即効性がある
       固形肥料に比べて頻度が多い

 ☆固形肥料=ゆっくり効くタイプがほとんど
       1度与えれば次は3カ月後でOK
        ※物によって異なるため、
         購入前に必ず確認しましょう。

<与える時期と頻度>

 ガジュマルが成長する暖かい時期に
 与えます。

 ★液体肥料=春・・・1カ月に1回
       夏・・・2週間に1回
       秋・・・2カ月に1回
       冬・・・与えない

 ☆固形肥料=3カ月に1回
       冬は与えない

肥料による異変

葉が黄変したガジュマル

“葉が黄色くなるのは肥料の与えすぎ!?”

ガジュマルの葉が黄色くなった時、
肥料を与えすぎていないかを確認してみましょう。

ガジュマルは肥料を与えなくても、
十分に育つ植物です。

もし、与えすぎが疑われたら、
一度パタリとやめてみても良いでしょう。

もちろん、
虫・水やり・土・日照など、
他の可能性も考えられます。

土に挿すタイプの栄養剤

具合が悪くなったガジュマルと栄養剤

“挿すタイプの栄養剤は不要です!”

もちろん、
栄養剤を使用して元気に育っていれば
そのまま使用していただいてOKです。

しかし、
栄養剤を使用しているほとんどの方が
上記の写真のような元気のない状態に
陥っています。

※勤務先の花屋に相談に来られるお客様のほとんどが
 このような状態なのです。

<与えなくていい理由>

 ・栄養剤=肥料ではないから

  →栄養剤よりも肥料の方が必要な
   栄養分がしっかりと入っています。

   栄養剤を与えるなら、肥料を!
   肥料を与えているなら、栄養剤は不要です。

 ・具合が悪いから栄養剤を!はNG

  →まずは、なぜ具合が悪くなってしまった
   のかを解明しましょう!

   根腐れしているなら、
   水やりの回数を減らす処置が適切です。

   栄養が足りていないのならば、
   栄養剤を与えるという処置でもOKですね。

 

まとめ

★水やりは成長期には多めに。
     休眠期には控えめに。
1回の水やりは底から流れ出るまでが鉄則!
★鉢皿には水をためない。
☆通年、葉水を与えるとGOOD!
★市販のやや高価な観葉植物用の土がオススメ。
☆NPKの比が同じくらいの固形肥料がオススメ。
具合が悪いから肥料・栄養剤をの考えはNG!
 まずは原因解明を。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!