ガジュマルの挿し穂がテラコッタ鉢に植えられた様子

剪定の時にでる枝…

捨てちゃうのは、もったいないなと思ったことは
ありませんか??

それ、挿し木にできるんですよ!

しかも、とっても簡単なんです!

この機会にぜひチャレンジして下さい。

(ちなみに我が家でも成功し、すくすく成長しています。)

 

ガジュマルの挿し木:時期

ミツバチがなの花の蜜を吸っている様子

5月がベストシーズン!

ガジュマルはとても丈夫な植物なので、
4月~9月の間なら、いつでもOK。

ですが、
一番活発に成長する時期は5月なので、
ベストシーズンとなるわけです。

剪定のベストシーズンも、
5月なので一石二鳥ですね。

 


Sponsored Link

ガジュマルの挿し木:方法

缶に植えられたガジュマルがベランダで日光浴をしている様子

今回は、
我が家で成功率100%の挿し木方法を
ご紹介していきます!

方法1.挿し穂を用意する

剪定されたガジュマルの枝

①剪定したあとの枝の
 下の葉を取り除いておく。

②白い樹液は、
 水でよく洗い流しておく。

こんなやり方も…

 ・挿し穂の長さは、
  先端から10cmの長さにする。

 ・葉を全て半分に切っておく。
  ※余計な水分・栄養分を使わないため。

しかし、
これを守らなくても全然OKです。

「やったらもっと良い」くらいに
思っておいて下さい!

方法2.水につけて発根を待つ

ガジュマルの挿し穂が水につけられている様子

①容器に少し多めに水を入れ、
 挿し穂を入れる

②日向は避けて、
 
室内・屋外の明るい場所に置く。

 →日向だと、
  水がお湯になり成長を妨げるからです。

③2日に1回は新しい水に変える。
 容器と茎がヌメヌメしていたら
 洗うことも忘れずに。

発根するまでの期間は、
おおよそ、1週間~1カ月です。

個体差があるので、焦らず待ちましょう!

ちなみに、こんな方法も…

 ・根が出るまで、栄養分の少ない土に
  挿して発根させる。

  →根を生やすの時は、栄養分の少ない土。
   根が生えてからは、栄養のある土。

栄養分の少ない土が家にない人は、
ぜひ、水での挿し木にチャレンジして下さいね。

方法3.土に植える

根が生えたガジュマルの挿し穂が土に植えられた様子

①挿し穂の大きさにあった鉢を
 用意する。

 →あまり大きすぎると、
  入る土の量が多すぎて乾ききらず、
  根腐れの原因になるため注意します。

②観葉植物の土を入れる。

 →自分で配合する時は、
  培養土 4:赤玉土 3:鹿沼土 3
  がオススメです!

③割りばしや指で、
 あらかじめ穴をあけて、挿し穂を植えつける。

 →穴をあけないと、
  せっかく生やした根が
  折れてしまうので注意します。

④お水を与えて、
 屋外の半日陰→日向…
 という順に段々と太陽に慣れさせる。

 →急に日向に移すと、
  太陽に慣れていないため、
  葉が焼けて枯れてしまいます。

  徐々に慣れさせていくことが大事です。

こんな方法も…

 ・根がしっかり付くまでは、
  日陰で管理する。

株へのダメージを少なくするために、
このような管理方法をする場合もあります。

しかし、
発根まで1カ月+根付くまで1カ月
太陽に当たっていないと、日に慣らすのが
やや大変になります。

今回初めて挿し木を行う人は、
来年試してみるといいかもしれませんね。

 

気根を太くする方法

気根が良く出たテーブルサイズのガジュマル

気根を太くしたいなら、種から育てる

挿し木から育てると…

 気根が太くなるまでは相当の年月が
 かかります。

種子から育てると…

 フィカス系の植物(ガジュマル)は、
 ぷっくりとした幹に育つ特徴があります。

 盆栽にされているガジュマルは、
 ほとんどが種から育てられたものです。

 しかし、種から育てることは難易度が
 やや高めだと言われていますが、
 経験者に聞いたところ、簡単なんだそうです!

気根:挿し木編

ガジュマルの気根をUPで撮影した写真

挿し木の株からも、気根はでます

「挿し木の株からは気根がでない」
という証言も耳にしますが…

我が家の挿し木したガジュマルは、
1年で30cm弱成長し、
沢山の気根が出ているので安心して下さい。

<気根を育てる方法>

 ・毎朝霧吹きをかける!

  →ガジュマルは空気中の湿気が
   好物なので、気根も良く育ち
   ます。

   気温が下がる夜よりも、
   午前中に与える方が効果が
   あるように思います。

 ・太陽に良くあてる

  →ガジュマルは日光が好物なので、
   春~秋に良く日に当てると丈夫
   な株になり、気根も成長します。

気根:種編

ガジュマルの花

種は知人や花屋や園芸店でもらう!?

上の写真はガジュマルの実です。
この中に、花があり、種ができます。

この実がはじけることはないため、
花を拝見することはできません…。

ガジュマルの花は、
1mほどに成長した株に良く見られます。

花を見つけたら、持ち主に2・3粒
頂けないかと聞いてみてはいかがでしょうか?

稀にネットで販売されていることもありますよ!

<ガジュマルの種まき>

5月~7月までに行いましょう!

 ①赤くなった実を割り、
  指でこすって種を取り出す。

  →大きさは米粒半分程です。

 ②水につけて、
  軽くこすって洗う

 ③赤玉土など、栄養分の少ない土に
  パラパラとまく。

 ④土はかぶせずに、
  ジョロなどで優しく水やりをする。

  →発芽までは鉢皿に水をためて、
   土が乾かないようにすると良いです。

   また、湿度が高くなければ、
   ラップなどをかけて加湿状態に
   してあげると良いです。

 ⑤日陰で管理し、
  1週間~1カ月程度で発芽したら、
  明るい日陰に移動する。

  →発芽直後に日に当てると、
   日差しに耐えられずに葉焼けを
   おこして、枯れてしまいます。

 ⑥土を根元に寄せる。

  →この作業をすること

 ⑦ややしっかりとした葉がでてきたら
  観葉植物用の土で植え替えをし、
  徐々に太陽に当てていく。

  →発芽後は、栄養分を必要とするため、
   栄養分のある土に植え替える必要が
   あるのです。

   ガジュマルは日光が好きなので、
   半日陰…日向と徐々に日に慣らして
   あげましょう。

1年ほどで、幹の元がぷっくりとしてきたことを
確認できますよ!

 

まとめ

★挿し木も種まきも5月がベストシーズン!
☆挿し穂は樹液を必ず洗う!
★根を生やすのは、水か栄養分の少ない土!
☆根が生えたら、観葉植物の土に植え替える!
★気根を太くするなら種から育てる!
☆空気中の湿度を高くすると、気根が良く育つ!


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!