ガーベラ

ガーベラは、春と秋に咲く花。
1つの茎の頂点に一輪の花を咲かせます。

花色は、赤・ピンク・オレンジ・黄・紫・白などがあり、
花色ごとにも違った花言葉がつけられています。

ガーベラ全体の花言葉や色別の花言葉、その由来について紹介します。

その他、花名の由来やガーベラの歴史についても少しまとめてみようと思います。
最後には、ガーベラの花束なども紹介します。

ガーベラの花言葉とその由来とは?

ガーベラ全体の花言葉は、
「希望」
「常に前進」

という活気がでる明るい言葉です。

西洋での花言葉は、

  • 「Cheerfulness」(上機嫌)
  • 「Beauty」(美)

 

由来は、ガーベラの見た目と関係しています。

鉢植えのガーベラ

葉は根本で茂っていて、
そこから空に向かって伸びる一本の花茎の頂点に、一輪の上向きの花がつきます。

その様子から、前進や美などの花言葉がつけられています。

青空

これから紹介する色別の花言葉でも、
花色とともにその由来が関係しているようです。


Sponsored Link

ガーベラの色別の花言葉一覧

では、6色の色別の花言葉を一覧で紹介します。

色別の花言葉の由来は、
ガーベラの草姿と花色から考えてみてくださいね。

赤色

赤いガーベラ

「常に前進」

「燃える神秘の愛」

鮮やかな赤い色は、生命の色。
情熱や愛を感じますよね。

花の中心が黒くなる花は、奥深さもあって神秘的です。

こんな人に送るといいかも…

  • 何かにチャレンジしている人
  • 何かにチャレンジしようとしている人
  • 付き合いが長い愛人

西洋での花言葉は、

  • 「Passion」(情熱)
  • 「Love」(愛)
  • 「Lomance」(ロマンス)

ピンク色

ピンクのガーベラ

「崇高美(すうこうび)」

「熱愛」

「童心にかえる」

崇高美とは、尊敬するほどに見た目や態度・言語に品があること。

童心に帰るとは、子供のような純真な心を取り戻すということ。

ピンク色は、母胎の中や生まれたての赤ちゃんの皮膚のような色で、
優しく包みこんでくれるような色ですよね。

こんな人に送るのがおススメかも…

  • 見た目も心も上品で尊敬している女性の先輩・上司
  • 愛人
  • 色々なことを難しく考えてしまう人

西洋での花言葉は、

  • 「Application」(感謝)
  • 「Comppation」(思いやり)

オレンジ色

オレンジのガーベラ

「我慢強さ」

「冒険心」

「神秘」

オレンジ色は、太陽のような温かい色で、
穏やかな印象でありながらパワーを感じる色です。

一輪の花が孤立した茎の先で咲くガーベラは、
我慢強さや冒険心も感じられますよね。

こんな人に送るといいかも…

  • 我慢強く一所懸命に頑張っている人
  • 色々なことに挑戦してほしい人

西洋での花言葉は、

  • 「You are my sunshine」(あなたは私の輝く太陽)
  • 「Patience」(忍耐)

黄色

黄色のガーベラ

「究極美」「究極愛」

「親しみやすい」

黄色は、光を感じる神々しい色であるとともに、
老若男女関係なく誰もが好ような明るい色です。

こんな人に送るといいかも…

  • 美や愛を極めている人
  • 親友や親しみやすい人

西洋での花言葉は、

  • 「Sunshine」(日光)
  • 「Warmth」(温かさ)
  • 「Friendliness」(親しみやすい)

白色

白いガーベラ

「希望」

「律義(りちぎ)」

何色にも染まっていない白色は、
何色にでも染められる「希望」がある色です。

律儀とは、人から受けた恩などをありがたく受け止めて、恩を返そうとする心構えが強いこと。
ガーベラは、太陽の光を沢山浴びて、恩を返すように空に向かって咲きます。

こんな人に送るといいかも…

  • 何かに挑戦している・しようとしている人
  • 恩師など、自分が感謝している人

西洋での花言葉は、

  • 「Purity」(純粋)
  • 「Innocence」(純潔)

青・紫色

紫のガーベラ

青・紫などの色のガーベラの花言葉は、
特に決まっていないようです。

 

ガーベラの花名の由来&歴史

ガーベラ(Gerbera)という花名の由来は、ドイツの博物学者「Garber(ゲルバー)」という人の名前です。

ガーベラの別名は、
「アフリカ千本槍(やり)」
「アフリカタンポポ」
「花車」

この別名の由来は、ガーベラの原産地などに由来しています。

ガーベラは、南アフリカに自生する野生タンポポ(ジャメソニー種)を、
ヨーロッパで品種改良して作ったのが始まりなんだそうです。

日本には明治末期から大正時代に海外から渡来したといわれています。

 

ガーベラの花をプレゼントするには?

ガーベラの花に花言葉を添えて送るといいですね。

ガーベラをプレゼントする方法を紹介します。

生け花の花束・切り花・アレンジメント

ガーベラの花束

通販サイトでも、メッセージ付きで相手に送ってもらうこともできます。

通販サイト:【楽天市場】ガーベラ 花束

または、すぐに手渡しできるときは、
切り花を買って自分で束ねて贈るのもいいですね。

10本セットが1000円くらいで買えます。

通販サイト:【楽天市場】ガーベラ 切り花

プリザーブドフラワーのアレンジメント

ガーベラと小物

花の色を抜いて、色素と薬剤で処理したのがプリザーブドフラワーです。

値段は高めですが、
水やりの必要もなく、長い間楽しめます。

通販サイト
【楽天市場】ガーベラ プリザーブドフラワー

 

機会があったらぜひ、ガーベラを花言葉とともにプレゼントしてみてください。

ガーベラの花言葉が気に入ったら、
種や苗を買って育ててみるのもいいですよ。

 

まとめ:5色のガーベラにある花言葉

ガーベラの花言葉は、
草姿や花のつき方などから「前進」や「美」などの言葉がつけられています。

花色によって、

  • 「赤」…常に前進・燃える神秘の愛
  • 「ピンク」…崇高美・熱愛・童心にかえる
  • 「オレンジ」…我慢強さ・冒険心・神秘
  • 「黄」…究極美(愛)・親しみやすさ
  • 「白」…希望・律儀

という花言葉がつけられています。

ガーベラの花言葉はどれも良い印象の言葉ですね。

花言葉を添えてプレゼントしたり、
苗を育てたりしてみてください。

鮮やかな色が多いガーベラは、元気をくれますよ。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!