ガーベラ

「希望」「常に前進」などの花言葉があるガーベラ。

ガーベラは切り花で人気です。

ガーベラを買って家に飾ってみたい・誰かに送りたいという方に向けて、
ガーベラの値段相場をまとめてみようと思います。

一本、花束、アレンジメントのそれぞれの値段相場を紹介するので、購入時の目安にしてください。

花屋さんに行って購入したい方は、ガーベラが買える時期や良い花の選び方も気になりますよね。
その疑問にも答えます。

その他、買ったガーベラを長持ちさせる方法も紹介しますよ。

花屋さんでガーベラが買える時期

花屋さん

ガーベラは花屋さんでも季節に関係なくいつでも買えます。

ですが、特におススメの時期は4月です。

4月は出荷数が多くなる時期で、4月18日(ヨイハナ)はガーベラ記念日になっています。


Sponsored Link

ガーベラの値段相場一覧!

ガーベラ一本、花束、アレンジメントの大体の値段を紹介します。

卒業シーズンなど、時期によっては多少高くなるようですが、
通常の一般的な値段を紹介します。

一本の値段相場

一本のガーベラ

ガーベラの一本の値段は、
100円~200円くらいが相場なようです。

通販だと、10本単位のセットで売られていることが多いです。

他の花と合わせて花束にするときは、バラやカスミソウなどと相性が良いです。
色や花の種類を少なめにしてまとめると綺麗な花束になります。

花束の値段相場

花束

ガーベラがメインの花束の値段相場は、
3000円~4000円台です。

ガーベラの本数が多い花束や、バラなども沢山入っている花束は、
5000~6000円やそれ以上の値段になります。

アレンジメントの値段相場

フラワーアレンジメント

ガーベラのフラワーアレンジメントの値段相場は、
大体3000円~5000円台です。

かごの中に生花がアレンジされているものや、水やりの必要がないプリザーブドフラワーのアレンジメントがあります。

プリザーブドフラワーは、

  • ボックス
  • フォトボックス(フレーム)
  • 時計のフレーム
  • かごや透明の容器に入ったもの
  • ケーキ型のもの

など、色々なバリエーションがあります。

 

ガーベラの咲き方の種類&花が長持ちしやすい品種

ガーベラの種類にもこだわりたい方はぜひ参考にしてください。

ガーベラの咲き方は、大体5種類あります。

  • 一重咲き
  • 半八重咲き、またはセミダブル(花の中心部分に細かい花びらがつく。)
  • 八重咲き(花全体の花びらが細かく密集してこんもりとする。)
  • スパイダー咲き(糸状の細い花びら)
  • カール咲き(花びらが巻いていたり動きがある。”パスタ”などの品種があります。)

同じガーベラでも、花の色や咲き方によって雰囲気が変わります。

それから、ガーベラの生花を買うなら花持ちの良さが気になりますよね。

花粉が出にくく、通常のガーベラより花持ちが良い品種があります!

「フルーツケーキ」シリーズです!!

  • アップルケーキ
  • パイナップルケーキ
  • マンゴーケーキ
  • ピーチケーキ
  • ココナッツケーキ(白)

などがあります。

ガーベラの切り花一本や何本かセットで買うときは、”~ケーキ”という品種を選ぶのもおススメです。

 

質の良いガーベラの選び方

通販ではなく、お店に行ってしっかりと見てガーベラを選びたい方に、選び方のポイントを紹介します!

チェック

  • 茎がまっすぐで花が上を向いてる。
  • 花の中心に花粉がついていない。
  • 花の中心が黒っぽくなっていたりカビが生えたりしてない。
  • 茎がヌルヌルしていない。

という点に注意してみてください。

 

ガーベラの切り花を長持ちさせる方法

笑顔

自分で買ったり誰かにもらったりしたガーベラを少しでも長持ちさせたいですよね!

ガーベラの切り花が手元に来てからまず最初にやることや、
飾り方、手入れの方法、ガーベラの茎が曲がったときの対処法を紹介します。

花束は、そのまま置いて飾れるものでなければ、ラッピングをはがして切り花と同じように扱いましょう。

一番最初にやる手入れ

ガーベラが手元に来たら最初にやることは、
「水揚げ」です。

水揚げの前に、よく切れるハサミかカッターで茎を水平に切っておきます。

普通は、茎を斜めに切りますが、ガーベラは腐りやすいので水平に切る方がいいようです。

それから水揚げをします。

  • ガーベラを束ねて、下に茎がはみ出すように新聞紙をきつめに巻く。
  • バケツなどに水を汲んで、茎が半分くらい水に浸かるように入れておく。
  • 少し経って、新聞紙を外してガーベラがピンとしていたら、水から揚げます。

それから花瓶などに飾ります。

置き場所&長持ちする飾り方・手入れ!

ガーベラを長持ちさせるには、ガーベラの置き場所と日々の手入れが大切です。

「置き場所」

  • あまり日に当たらなくて涼しい。
  • エアコンの風が当たらない。

「飾り方・長持ちさせるコツ」

飾るときに入れる水は2~3cmくらいにするのがポイントです!!

ガーベラは、水に浸かっている茎が腐りやすくなるので、このように少なめに水を入れて飾りましょう!

さらに、花を長持ちさせるために、切り花延命剤を使ってもいいですが、漂白剤を少し入れるのも効果的なようです。

「手入れ」

なるべく毎日、水を捨てて新しい水に入れ替えます。

茎の切り口が茶色くなってきたら、切り口を水に浸けて水の中で水平に切ります。

茎が曲がってきたときの対処法

ガーベラの茎はだんだんと曲がってくることが多いです。

その対処法があるので紹介します!

ガーベラの茎が曲がってきたらやることは、
「水揚げ」です。

最初にやるのと同じように、新聞紙にくるんで茎を半分くらい水に浸けておきます。

そうすると、曲がっていた茎がまっすぐになるようです。

 

まとめ

沢山のガーベラの花

ガーベラの切り花の値段相場は、
100円~200円。

ガーベラの花束やアレンジメントは、
3000円~5000円くらいの値段で買えます。

切り花を買うときは、「フルーツケーキ」シリーズのガーベラもおススメ。

人にプレゼントするときは、メッセージも忘れずに!

花言葉は「希望」「常に前進」です。

飾るときは、

  • 花瓶の水は少なめにして漂白剤を少しだけ入れる。
  • 手元に来たとき(最初)と、茎が曲がってきたときに水揚げ。
  • 日々の水替え&切り口が変色したら水中で水平に切る。

 

綺麗なガーベラの花を買って、家の中を華やかにしたり、プレゼントをして人に喜んでもらえるといいですね。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!