2017年の関西の紫陽花はどこがおすすめ?

じめじめした梅雨の季節は嫌ですよね。

でもそんな時に心を暖かく、そして落ち着かせてくれる花、紫陽花が咲きます。

雨の中、外出するのはおっくうになりがちですが、
そんな時こそ雨に映える美しい花、紫陽花を見に行きませんか?

水色の紫陽花

当記事では関西地域で紫陽花が綺麗に見られる名所を、ランキング形式で5スポットご紹介させて頂きます。

美しい紫陽花を見れば、きっと貴方の心のもやもやも晴れ、
気分一新!新しい気持ちで毎日が過ごせます。

 

ランキング第1位 三室戸寺(京都)

京都の「紫陽花寺」として有名なのが、
京都宇治市にある寺院
「三室戸寺」です。

「三室戸寺」では50種類1万株もの紫陽花の花を見ることができます。

見頃は6月1日(木)~7月9日(日)です。

「三室戸寺」でみられる紫陽花は、西洋アジサイ、ガクアジサイ、カシバアジサイ、
そして幻の紫陽花である七段花などがあります。

幻の紫陽花「七段花」

幻の花と呼ばれる「七段花」は、ドイツ人医師シーボルトが書いた「日本植物誌」に記録されていた紫陽花です。

しかし、その後130年にわたってこの花に該当する花は見つかりませんでした。

昭和34年、六甲山小学校職員の方が偶然にこの花を発見し、
それ以来「幻の花」と呼ばれるようになった紫陽花です。

ハート形の紫陽花も名所の1つ

その他にも「三室戸寺」ではハート形の紫陽花が見られることで有名で、
このハート形の紫陽花は紫陽花の重みで自然とできるものです。

このハート形の紫陽花を携帯の待ち受けにすると恋愛が叶うと評判です。

「三室戸寺」に行かれたら、是非このハート形の紫陽花を探してみましょう。

関西唯一のライトアップ

また、「三室戸寺」では、例年、紫陽花の見頃の週末に関西唯一のライトアップも行われます。

今年は6月10日~6月25日の間の土・日曜日。
時間は19時~21時(20時30分受付終了)です。

このライトアップは関西では唯一のものなので、2回分の参拝量料を払っても是非、見ておきたいところです。

三室戸寺」は昼夜入替制なので昼と夜の紫陽花を両方見たい方は、2回分の拝観料金を払う必要があります。

白い紫陽花

三室戸寺の基本情報

  • 住所
    〒611-0013
    京都府宇治市菟道滋賀谷21

  • TEL
    0774-21-2067

  • 入場時間
    8時30分〜16時30分 (4月1日〜10月31日)
  • 入場料
    大人 500円
    子供 300円
    (団体割引30名以上 大人 400円)
  • 駐車場
    収容台数、300台(有料)
    普通車 500円
    バス 2000円

 


Sponsored Link

ランキング第2位 ぬかた公園(大阪府)

大阪府東部の生駒山中にある、「ぬかた園地」は30種2500本の紫陽花が咲きます。

紫陽花の見頃には例年多くの花見客がやって来る名所で、
こちらではガクアジサイ、ベニガク、シチダンカ、アナベル、ホンアジサイなどの紫陽花が見られます。

見頃は、6月の中旬から7月の中旬までです。

少し見頃が遅い紫陽花の名所

紫陽花の見ごろは通常6月上旬からですが、
ぬかた園地は標高が高い場所にあるので紫陽花の開花が遅めです。

ただ、おおよそ1500mと高い標高の山腹の遊歩道に沿って咲き誇る色とりどりの紫陽花は最高のハイキングスポットです。

1500mのコースなので、お散歩やお子様連れでも楽しめると思います。
是非、お出かけになってみて下さい。

ぬかた公園に行く際の注意点

しかし、こちらの遊歩道は、道中、かなり勾配のある所もありますので、
歩きやすい靴を履いて出かけてください。

余り体力に自信がないという方やお子様連れの方は、近鉄生駒駅から生駒山頂までケーブルカーがありますので、
ケーブルカーで山頂まで登り、下りの道を歩いて紫陽花鑑賞を楽しむのもお勧めですよ。

また、6月18日(土)~7月10日(日)の間には「ぬかた公園」紫陽花祭りが開催されます。

ぬかた公園の基本情報

  • 住所
    大阪府東大阪市山手町 他
  • TEL(ぬかた園地案内所)
    0729-81-9163
    ※あじさいまつり期間のみ

  • 入場時間
    ぬかた園地案内所(あじさいまつり期間中) 10時~16時
    らくらくセンターハウス 9時~17時
  • 入場料
    無料
  • 駐車場
    無料
    ※ぬかた公園には駐車場がありませんので、らくらく登山道の駐車場をご利用下さい。
  • らくらく登山道の駐車場
    普通車 55台
    障害者用 5台

※らくらく登山道からぬかた園地まで徒歩約2時間程度かかります。

ピンク、紫の紫陽花

 

ランキング第3位 舞鶴自然文化園(京都)

京都府舞鶴市にある「舞鶴自然文化園」のあじさい園は、
京都府下では有数の紫陽花の名所です。

こちらではヤマアジサイ、西洋アジサイやコアジサイなどが見られます。

標高200mの鑑賞デッキ

「舞鶴自然文化園」の紫陽花は、
早咲きのものは5月終わりか6月初旬にかけて咲き始めます。

6月中旬から7月初旬にはおよそ2ha(ヘクタール)の谷あいに、
60品種5万本の紫陽花埋め尽くされ、その標高200mの鑑賞デッキからからは鮮やかな「紫陽花の海」が見られます。

標高200mから眺める「紫陽花の海」に、あなたもきっと圧巻されますよ。

舞鶴自然文化園のあじさいまつり

また、その頃は「舞鶴自然文化園」では、「アジサイまつり」が開かれます。

まつり期間のみ入場料が有料となり、
大人は300円、子供は150円の入場料が必要となります。

「アジサイまつり」では珍しい紫陽花が展示即売されたり、紫陽花をバックに演奏会が開かれます。

大きな花びらのピンク紫の紫陽花

舞鶴自然文化園の基本情報

  • 住所
    〒625-0152
    京都府舞鶴市多祢寺24-12

  • TEL
    0773-68-0221
  • 入場時間
    9時~17時
  • 入場料
    大人 300円
    小・中学生 150円
    (20名以上での団体割引あり)
    (身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者手帳をお持ちの方は入園料半額)
  • 駐車場(無料)
    普通車 100台
    大型バス 15台

 

ランキング第4位 矢田寺(奈良県)

奈良県大和郡山市矢田町にある矢田寺」の紫陽花は、

5月中旬からツルアジサイが咲き始め、
9月頃には中国の紫陽花が咲き始めます。

矢田寺の紫陽花の見頃

種類は約60品種、1万株のアジサイ園の開園は6月1日(木)~7月10日(月)です。

「矢田寺」の紫陽花の見頃は都市部に比べ、1週間から10日程遅いです。

矢田寺に行く服装

「矢田寺」に行くにはかなりの坂道を上り、更に3000段以上の階段を登る必要があります。
そのため、矢田寺に行く際には軽装で行くことをお勧めします。

また、蚊の出てくる時期なので、長袖、長ズボンの服装をお勧めします。

矢田寺に行くには長距離を歩かないといけませんが、
たどり着いたときの達成感はきっととても気持ちのいいものですよ。

矢田寺の基本情報

  • 住所
    〒639-1058
    奈良県大和郡山市矢田町3549

  • TEL
    0743-53-1445
  • 入場時間
    8時30分~17時
  • 入場料
    6月上旬~7月上旬のみ有料
    大人 500円、小学生 200円(団体割引の設定無し)
    障害者手帳の提示により、有料期間中も無料(本人のみ)
  • 駐車場
    周辺にに有料の民間有料駐車場があり
    300円~500円

セピア色の紫陽花

 

ランキング第5位 神戸市立森林植物園(兵庫県)

「あじさい」は「神戸市の市民の花」とされています。

神戸市政30周年と万国博覧会の開催を記念して、
広く市民からアンケートを募り、1970年に決定されました。

兵庫県神戸市北区山田町にある「神戸市立森林植物園」には、
約25種類、350品種、5万株の紫陽花が広大な森の中に植栽されています。

こちらでは、ヒメアジサイ、コアジサイ、ガクアジサイ、シチダンカ、キヨスミサワアジサイ(清澄山)、アナベル、カシワバアジサイ(クェリキフォリア)などが見られます。

アジサイの見頃にあわせて、森の中のあじさい散策

また「神戸市立森林植物園」では、
アジサイの見頃にあわせて「森の中のあじさい散策」が開催されます。

土日祝には、園のスタッフが見頃の紫陽花を時間かけて案内してくれる「あじさいの園内散策会」がありますので、参加してみるとよいでしょう。

特別期間中は浴衣で来場した方はペアで入園料が無料

特別期間中は、休園なしなので開園時間延長があり、18時まで開園されます。

また、浴衣で来場した方はペアで入園料が無料になります。
浴衣を着て紫陽花見物!素晴らしい日本の風物詩ですね。

沢山の紫陽花ブルー

神戸市立森林植物園の基本情報

  • 住所
    〒651-1242
    兵庫県神戸市北区山田町上谷上長尾1−2
  • TEL
    078-591-0253
  • 入場時間
    9時~17時
    (基本毎週水曜日は休園日。祝日の場合は翌日)
  • 入場料
    大人 300円
    小人 150円
    年間パスポート:大人 900円、小人 450円

    身体障がい者をお持ちの方:無料
    介護者:1~2級 無料、3~6級 有料

    知的障がい者(療育手帳持ち)本人:無料

    介護者:無料

    精神障がい者(精神障害者保健福祉手帳)本人:無料

    介護者:1級 無料
    2~3級:有料特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害医療受給者証、小児慢性特定疾患承認書の交付を受けた方:無料

  • 駐車場
    700台駐車可能(シーズン期は最大1000台駐車可能)
    普通車 500円
    バス(定員10名以上) 2000円
    二輪車 無料

 

紫陽花の関西名所まとめ

今回ご紹介させて頂いた関西の紫陽花の名所はいかがでしたか?

関西には沢山の紫陽花の名所がありますが、
今回はその中でのランキング1~5位をご紹介させて頂きました。

こちらの5つの紫陽花の名所では、いずれも劣らぬ美しい紫陽花を眺めることが出来ます。

是非、2017年はお友達やご家族、恋人を誘ってお出かけになってみてください。
心が洗われること、間違いなしです!


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!