カランコエの葉から新しく出る芽

“鉢花カランコエ”の剪定後に出る切れ端
“多肉植物カランコエ”の落ちてしまった葉

捨てるのはもったいない…と思ったことはありませんか?

今回は、それらを活用して、無駄なく簡単に増やせる方法を
「土」「水」「空気」の3方法にわけてご紹介します。

成功率高めなので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

「剪定」と兼ねる

カランコエの剪定後の葉

株を元気に育てるための「剪定」をしながら、
その時に出る茎や葉で子株を増やしましょう!

時期は、春or秋です。

剪定後の水やりや日当たりは今まで通りでOKです。

鉢花タイプの剪定方法

表面の土から10cm上(2~3節)を残して切る。

1ヶ月程でこんもり茂ってくるので心配いりません。

多肉植物タイプの剪定方法

ひょろひょろと間延びしてきたところなど、
形が崩れてきたところを整えるように切る。

特に決まりはないので、見た目よく切ればOKです。

この時にポロリと落ちてしまった葉があったら、
とっておきましょう。

“葉挿し”に使用できます。

 

カランコエの増やす時期

“ 春 ”
春は成長が活発になりはじめる頃なので、
かなりの高確率で成功します。
なるべくこの時期に行うことをオススメします。

“ 秋 ”
秋は温度・湿度ともに安定してくるため、
成功しやすいです。

※避けた方がいい時期※
夏 = 温度・湿度が高く、カランコエが苦手な気候で
    弱っているから。
冬 = カランコエは寒さが苦手で、冬は根が休眠しているから。

 

カランコエの増やし方の種類

 

  1. 挿し木(挿し芽)・・・を使用
               向いているタイプ:鉢花,多肉植物
  2. 葉挿し・・・・・・・・を使用
               向いているタイプ:多肉植物、(鉢花も可)
  3. 株分け・・・・・・・・根を切り、株ごといくつかにわける
               向いているタイプ:寄せ植えされている鉢花
                           よく育った多肉植物

共通する用土

オススメは、「多肉植物用培養土」

自分で配合するなら、「小粒赤玉土5:園芸用培養土3:鹿沼土2」
          「小粒赤玉土5:腐葉土2:ピートモス3」
          「小粒赤玉土5:ピートモス2:川砂利3」

 

カランコエの増やし方<挿し木>

カランコエの挿し木

樹木=挿し木
草花=挿し芽 といいます。

カランコエはどちらかというと
草花になり、“挿し芽”に該当します。

挿し芽の中にもさらに3つの方法があるので、
順番にご紹介していきます。

共通する準備

写真のような挿し穂を用意し、
腐敗を防ぐため半日陰で2~3日間切り口を乾燥させます

地上部(土から上に出る部分)が大きすぎると
生え始めの根が十分な養水分を吸収できず、ひょろひょろと間延びしやすくなります

大きな葉をもぎとることで解決できます。

定番の「土」を使った方法

挿し木をされたカランコエ
<良い点>
 ・定番なので、本やネットなど情報が多い
 ・成功率が高い

<悪い点>
 ・根が出ているのか目で確認できないので不安になる

<用意する物>

 ・割りばし
 ・鉢…オススメは3号鉢
 ・新しい土

<方法>

  1. 新しい鉢に土を入れて、湿らせておく
  2. 割りばしであらかじめ穴をあけたところに
    挿し穂を植え付ける
  3. 『土に植えた後の共通の管理方法』へ…

オススメの「水」を使った方法

カランコエを水差しで増やす

<良い点>
 
成功率が高い
 ・葉が萎れない

<悪い点>
 
・水替えが面倒

<用意する物>
 ・プラコップ
 ・輪ゴム
 ・鉢…オススメは3号鉢
 ・新しい土

<方法>

  1. プラコップに、輪ゴムを十文字になるようにセットする
  2. 交差するところに挿し穂を置いて、茎を1㎝程水につける
    →2日に1回は水替えをして清潔かつ
     酸素が入った状態にしてあげましょう。
  3. 明るい日陰で管理をしていると、1週間ほどで発根しはじめる
    明るい日陰=レースのカーテン越しなど柔らかな陽が入る部屋
           直射日光が避けられる軒下や木陰 etc…
  4. 発根後、1ヶ月前後で湿った土に植える
    土に植えてから1ヶ月すると完全に根付きます
  5. 『土に植えた後の共通の管理方法』へ…

手間がかからない「空気」を使った方法

挿し穂を乾かしている多肉植物

<良い点>
 
・手間がかからない

<悪い点>
 
・葉が萎れてくることがある
  →見た目に問題があるだけて、植物に害はありません

 ・土に移した後1ヶ月くらいの水やり加減が難しい
  →発根までは水分がない環境なのに、
  土に移した後1度水やりをすればしばらく水分がある環境になります。

  その180°変わった環境に適応するまで、植物と会話を
  しながらお世話をする必要があります。

<用意する物>
 
・ネットなど
 ・鉢
 ・新しい土

<方法>

  1. 写真のようなネットなどに挿し穂をセットする
    横たわらせると…茎がぐにゃんと曲がってしまいます。
     瓶にセットすると…湿気で腐りやすくなります。
  2. 『オススメの「水」を使った方法』の『3.~』を参照

土に植えた後の管理方法

明る日陰の部屋
 ・置き場所=根付くまでの、1ヶ月程は明るい日陰に置きます。
       その後は徐々に日向に移動します。
       ※明るい日陰とは、上の写真のような部屋や、
        軒下や木陰のことをいいます。
       ※日に当たる事に慣れていない株を、急に当てると
        日焼けをおこし最悪の場合は枯れてしまいます。
 ・水やり=土がサラサラと乾いたらたっぷりあげましょう。
 ・次の植替え=鉢底から根が出てきたら行いましょう。

 

カランコエの増やし方<葉挿し>

葉挿しで芽がでた多肉植物

主に厚みのある多肉植物を増やすときに使われる方法ですが、
鉢花カランコエのような薄い葉でも可能です。

どちら場合も、葉の付け根部分が残っていないと
上手く発芽しないので注意しましょう。

「月兎耳」は発根、発芽がとてもゆっくりです。
この品種でチャレンジするときは気長に待って下さい。

“挿し木(挿し芽)”と同様に、水や空気を使った方法もあります。

今回は、最も定番で失敗の少ない「土」を使った方法
ご紹介します。

<メリット>
 
・簡単で手間がかからない
 ・かなりの高確率で成功する
 ・新しく芽を作るので、育て方によっては
  かなり丈夫な株に育つ
 ・沢山並べるとデザイン的で可愛い
 ・発芽後も小さい芽なので可愛い

デメリットは特にありません。

<用意する物>
 
・葉を並べるためのトレーなど
 ・鉢
 ・新しい土

<方法>

  1. トレーなどに土を入れて葉を仰向けに並べる
    土をかぶせたり、水やりは不要です。
     明るい日陰に置いておくだけでOK。
  2. 根が出てきたら、根の部分に土をかぶせる
    →発根後は、霧吹きなどで水を与える
  3. 親葉がカラカラになったらそっと取り除く
    →新芽は親葉の水分や養分を吸収して成長します。
     完全に枯れるまで無理やり取り除かないようにしましょう。
  4. 親葉を取り除いてからは、霧吹きの回数を多くする
    →新芽はとても小さく水分を蓄えておける量が少ないのです。
     だからといって、じょうろなどで与えてしまうと量が多すぎて
     常に土が湿っている状態になってしまいます。
     それでは加湿になり、芽が腐る原因になるので注意しましょう。
  5. 新芽が成長し始めたら、徐々に日向に慣れさせる
    →いつまでも明るい日陰に置いておくと、日が足りずに
     ひょろひょろと間延びしてしまいます。
  6. 半年~1年後、新しい鉢に植え替える

 

カランコエの増やし方<株分け>

数色を寄せ植えにした鉢花カランコエ

一つの鉢に何株も植わっているようなタイプは
株分けするとそれぞれが元気に育ちます。

また、良く成長した株は地表近くから子株がでてくる
こともありますので株分けをします。

増やすというよりも、植替えに近いので、
今回は簡単にご紹介します。

<方法>

  1. 鉢をもんだり、叩いて株を取り出す
  2. 古い土を落としながら、一株ずつになるように
    切り離していく
    →ハサミを使用すると菌が入り、株が弱るため
     出来るだけ手で行います。
  3. 根があまりにも長い場合はハサミでカットする
  4. 新しい土を使って、それぞれ鉢に植えていく

 

まとめ

カランコエは丈夫な植物で、増やすことも簡単です!
あまり深く考えずにチャレンジしてみて下さい。

成功率をUPさせるなら、“春”に行うことです。

親株はいつかは寿命を迎えて枯れてしまします。
その前に子株で増やして、あなたの大切なカランコエの命を
つないでいって下さいね。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!