花束

身近な人が結婚するとなると、
自分まで慌ただしくなりますよね。

結婚式に呼ばれたら特に、
色々な準備で忙しくなると思います。

結婚式の後にお祝いの品を送る場合も、
なるべく早く送らないといけません。

結婚祝いの花束を送る時のマナーや
花の選び方などを主に紹介するので、
ぜひ覚えておいてください。

結婚祝いの花束の選び方

結婚祝いの花束をしっかりと選んで、
礼儀正しく送るようにしましょう。

心を込めて祝福することが一番大切ですが、
花束をきちんと考えて選ぶことも大事です。

花の種類・色・数・花言葉などを考えて花束を送れば、
思い出に残る良い贈り物になります。

花の種類

結婚祝いで人気な花束は、バラの花束です。

ピンク色のバラ

バラ以外の花を選ぶなら、
季節を感じさせる花…夏ならヒマワリなどを選ぶと、
花束も結婚式も印象に残りやすくて良いと思います。

ヒマワリの花束

花の香りにも気をつけて選ぶといいですよ。
強い香りの花は避けた方が良いです。

花の色

花の色は、相手の好み・印象に合う色や季節感のある色
などで選べば良さそうですね。

職場での上司など、敬意を表したい方に送る花束は、
淡い色にすると軽いので、少し濃い色合いが良いですよ。

青色の花が入った花束も結婚祝いに人気です。

青いバラ

花嫁に青色の何かを送る欧米の慣習があり、
”花嫁が青色の何かを身につけると幸せになれる”
といわれています。

基本的には、相手に合わせた花の種類・色、
季節を感じさせる花の種類・色などで花束を選んでみてください。

花言葉

それよりももっと気持ちを込めて花束を送りたい!
という方は、花言葉で花の種類や色を選ぶと良いですよ。

時期によって売ってる花が異なったりするので、
その時期に買える花や花言葉を調べるか、
花屋さんなどで相談するといいですよ。

花言葉と一言メッセージを書いたカードを花束に添えて送れば、
祝福以外の気持ちも花束にのせて伝えることができます。

花の本数

花束の花の本数は、4本(死)や9本(苦)などの縁起が悪い数は避けます。

花束を送るときのマナー

結婚する人が親しい人だとしても、
結婚式というおめでたい出来事を祝うので、
きちんとしたマナーで祝福しましょう。

結婚する相手は、結婚式前後、
式の準備や新婚旅行、新居の準備など色々と忙しいです。

相手の都合などを考えて送るのがマナーです。

カレンダー

結婚式前に送るときのマナー

結婚式前に自宅に送るときは、
1週間~1か月前に送ります。

結婚式当日(式場など)に送るときのマナー

新婦

結婚式当日に届くように送る場合は、
相手の荷物の負担を減らすために、
小さめの花束が良いです。

会社の同僚などの集まりで、
皆で一つの大きい花束にするのは良いと思います。

花束の宛先は、
式場、会場、宿泊ホテルなどです。

結婚式場などには確認の連絡をしておくと安心です。

取り間違いがないように、
式場名や新郎新婦名(なるべく連名)、自分の名前などをしっかりと書いて、
適切な時間に届くようにしましょう。

結婚式後に送るときのマナー

相手の予定をなるべく聞いて送りましょう。

新婚旅行などで不在にならないときに、
相手に合わせて実家か新居に送ります。

新居に送る場合は、なるべく宛名は連名にするのが適切です。

式当日以外に送るときのマナー

仏滅などは避け、大安などの吉日に送るのが良いといわれています。

花束などのお祝いの品の相場

5000円以上が相場なようです。 

 

花束以外でおススメの”花の贈り物”

プリザーブドフラワー

枯れない花をお祝いの贈り物にするのもおススメです。

花に特殊加工をしたプリザーブドフラワーというものがあります。
しばらく色褪せないので良いですよ。

ドーム、かご、額に入ったものなどがあります。
キットや素材を買って自分で作ってもいいですね。

通販ショップ↓

[日比谷花壇]
http://www.hibiyakadan.com/used/marriage/

[Florist L’aimant]
http://www.laimant.jp/bridal.shtml

[花香房COCO]
http://coco-shop.jp/html/bridal.html

などでプリザーブドフラワーや花束を探してみてください。

メッセージ付きで送れるものを選ぶといいですね。

 

まとめ

結婚祝いは、
お祝いの気持ちとお祝いの品選び、そしてマナーが大切です。

花の種類や色、送るタイミングなどをよく考え、
他に用意するものもきちんとマナーを調べたり、相手のことを考えて贈りましょう。

祝儀袋の種類(結婚祝いには結び切り)、袋の閉じ方、金額、
花以外のお祝いの品などがありますね。

大切な結婚はしっかりとお祝いできるといいですね。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!