キンモクセイ

高木になるキンモクセイですが、
苗を購入して、鉢植えで育てることもできます。

キンモクセイは寒さにやや弱いので、
東北などの寒い地域では、鉢植えが向いていますね。

鉢植えにする苗木の選び方や植え方、育て方、
その他、キンモクセイを盆栽風に育てるための、
小さい苗の作り方まで紹介します。

キンモクセイの鉢植え用の苗木の選び方

キンモクセイの鉢植えにしやすいサイズや、
花がすぐに咲きやすい幹の太さを紹介します。

これを目安に苗木を選んでみてください。

高さ:50cm~1.2mくらい

幹の太さ:2cm以上

「出回り時期」9月~10月

通販では、いつでも購入が可能です。

通販サイト↓
【楽天市場】キンモクセイ 鉢植え

植え付け適期、春や秋に購入するのがおススメです。

苗は、ポット苗根巻き苗があります。

ポット苗は、鉢植えにちょうどいい大きさのものが多いです。

根巻き苗は、業務用で、手軽に植えられるようになっています。
その反面、購入後は早く植え付けないといけないので、
植え付け時期以外の購入は適しません。

 

キンモクセイのポット・根巻き苗の鉢植えの仕方

キンモクセイの鉢植えの仕方を紹介します。

植え付け時の鉢や土の選び方、根巻き苗の植え付け方も分かりますよ。

植木鉢の選び方

8号(口の直径24センチ)~12号程度の大きな鉢を選びます。

小さい鉢だと根が詰まって、植え替えをするのが早まります。
かといって、大きすぎても、水がたまって根腐れしやすくなるので注意してください。

苗木の根の一回り大きいサイズを選びましょう。

土作り

赤玉土と腐葉土7:3の割合で混ぜます

あと、鉢底石も用意しておきます。

ポット・根巻き苗の植え方

ポット苗は、ポットを外して植えますが、
根巻き苗の植え付け方はよく分からない方もいると思います。

根巻き苗は、麻布や麻紐で根がくるんであります。
麻布・麻紐は自然に分解されてなくなるので、そのまま鉢植えしてOKです。

ですが、外してしまってもあまり問題ないようです。
その場合、根を傷つけたり崩さないように気を付けてください。

「植え付け時期」

3~4月・10~11月。
夏・冬以外。

「鉢植えの仕方」

用意した8号くらいの鉢底に、鉢底石を敷きます。

土を入れていき、苗をちょうどいい深さで入れ、
最後にまた土を入れたら軽く押さえて終わりです。

たっぷりと水をかけてあげましょう。

「夏・冬に購入してしまった時の保管方法」

特にポット苗は、水切れに注意します。夏は直射日光が当たらない場所で管理します。

根巻き苗は、
1週間程なら、日陰で水やりはほとんどやらずに管理し、
植え付けが1か月くらい先なら、鉢植えをしてしまった方がいいようです。

キンモクセイは寒さに弱いので、
冬の場合は、ポット・根巻き苗の根元をわらで包んで保管したり、様子を見て早めに植え付けましょう。

 

鉢植えのキンモクセイの育て方・管理方法

鉢植えにしたキンモクセイの育て方は、
とりあえず、この5つを簡単に覚えておくといいでしょう。

「置き場所」

日なたで、風通しが良い場所。

寒さにはやや弱いので、冬は霜に当てないようにします。

「水やり」

土がしっかりと乾いたらたっぷりとやります。

「肥料」

(目安)年に3回程。
必要に応じてあげる回数を調整します。

時期は、2月・5月・8月下旬頃~9月
春前、夏前、開花前です。

油かす以外の有機肥料を中心にあげます。
化成肥料は固形肥料を使います。

窒素の多い肥料は避け、
リン酸成分が多い肥料を選ぶと花付きがよくなります。

「剪定」

3月頃に剪定をします。
夏~秋は花芽ができるので、剪定は避けます。

切りすぎに注意して、枝がある程度伸びたら剪定をします。

「植え替え」

(目安)2~3年に1回。

時期・土は、植え付け時と同じ。

根が詰まってきて、水の吸い上げが悪くなってきたら、
一回り大きな鉢に植え替えます。

黒くなっている根は軽く切り、土を軽くほぐして植えます。

 

キンモクセイを盆栽風(小さめ)に育てる方法!

驚き

キンモクセイを鉢植えで育てるには、
50cm~1.5mくらいで育てるのが一般的です。

小さく育てるほど、花付きが悪くなってしまいますが、
盆栽風のキンモクセイに挑戦してみるのも有りです。

普通に鉢植えで育てるものとは別に、
もう一つ苗を用意して育ててみるといいかもしれません。

では、小さく育てる方法を紹介します!

少しずつ剪定をして小さくしていく方法もありますが、
他にも良い方法があります。

「鉢の大きさ」

高さを低くするとして、根はなるべく広げた方が育ちが良いと思います。
なので、鉢は、同じく8号(口径24cm)くらい。

「小さくする手順」

キンモクセイの苗を用意し、鉢植えにしておきます。
または、地植えのキンモクセイがあれば、それでもOK.

そしたら、取り木(高取り法)という方法で小さな苗を作ります。

時期:5~6月

「用意するもの」
キンモクセイの苗木、ナイフ、水苔、ビニール、ヒモ

取り木(高取り法)は、
幹の皮を削いで傷つけることによって、そこから発根させ、
その根の下で切って、幹の途中の発根した部分から上を苗にする方法です。

キンモクセイの取り木

まずは、水苔を用意し、最初に数時間浸しておきます。

キンモクセイの高さを決めたら、
ナイフで2~3cmの幅で幹一周に切り込みを入れ、
縦にも切り込みを入れ、茶色の皮を剥ぎ取ります。

    ↓

そしたら、剥いだ部分に水に浸しておいた水苔を巻きつけ、
透明のビニールで包みます。

ビニールの上下はヒモを巻いて結びます。

そしたら、この部分からしっかりと根が出るまで待ちます。

根が出たら、根の下の幹を切って、苗木の出来上がりです!

苗木を鉢植えして育ててみましょう。

すぐには花は咲かないかもしれませんが、
挿し木をすると開花まで5年以上かかるようなので、
この取り木の方法がいいかもしれません。

 

まとめ

キンモクセイの鉢植え用の苗は、
太さ2cm以上、高さ50cm~1.5mくらいのポット苗を春や秋に買う。

鉢のサイズは8号(口径24cm)以上。
他に植え付けに必要なものは、赤玉土、腐葉土、鉢底石。

肥料は、リン酸が多い有機肥料や化成肥料(固形肥料)。

植え替えは、根が詰まってからやり、
剪定は、枝が伸びたら、夏~秋は避け、春などにやる。

小さい盆栽風の苗は、取り木(高取り法)でつくる。

 

どうでしたか?

キンモクセイを鉢植えで育てたり、盆栽風に少し小さくして育ててみたり、
銀木犀(ギンモクセイ)なども育てて、香りの違いを楽しんだりするのもいいですよね。

鉢植えなら手軽に育てられるので、良い苗を見つけてみてください。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!