胡蝶蘭の栽培では、種子栽培が
一般的に知られている増やし方です。

けれど実は株分けも可能な胡蝶蘭。

なぜあまり知られていないのかと言うと、
株分けに必要な子株などが
なぜできるのかは解明していないんです。

その為株分けは誰でも出来る訳では無いので、
もし自分の育てている胡蝶蘭に子株がついていたら
出来るだけ株分けしてみてくださいね!

胡蝶蘭について

学名:Phalaenopsis
科・属名:ラン科・コチョウラン属
英名:Orchid
原産地:東南アジア(インドネシア・フィリピン・台湾など)
開花期:周年(温室)
花の色:白、ピンク、赤、黄、オレンジ、青、紫、緑、茶

花言葉に「幸福が飛んでくる」とあるように、
縁起の良い花言葉が多い事から
お祝い事にも重宝されています。

また温室の場合、開花は周年を通してなど
長く楽しむ事ができます。

栽培は性質上難しいとされていますが、
湿度と水やりの頻度を気をつけていれば
忙しい人などには向いていると言えるでしょう。

品種改良のおかげもあり、色彩も多く、
ブーケなどにも使われています。


Sponsored Link

株分けをしよう!

胡蝶蘭の栽培は初心者には難しいとされ、
枯らしてしまう事もしばしば。

株分けも同様に、一般には難しいとされていますが、
不可能では無いので試してみるのも一案でしょう。

株分けの条件から手順までをまとめて見たので、
しっかりと確認しながら丁寧に作業してくださいね!

株分けの条件

  • 本来胡蝶蘭の花が咲く茎に、
    葉と根が生えたものが”高芽”です。
    高芽の生える条件は現在あまり
    分かっていません。
    温度条件などによると言われていますが、
    あまり期待せず、胡蝶蘭の調子に
    任せましょう。
  • 親株の根元に新たな芽が出ているのは
    “子株”です。
    高芽と比べて芽が出ている為、
    子株は比較的見分けやすいでしょう。
    脇芽と間違えやすいですが、
    親株から出ている事を確認すれば
    見分ける事ができますよ!

株分けの時期

気温が18度以上ある状態で行いましょう。
18度以下だと生育が悪くなり、
花のつかない原因となります。

5月〜7月上旬頃がいいでしょう。

また根が5センチ以上に成長してから
株分けをしましょう。

用意するもの


水苔
ハサミ(消毒液か煮沸で滅菌する)

高芽で株分けする

  1. 親株と繋がった高芽を切り取る。
    この時親株と繋がっている茎を
    高芽のある方に3〜5センチ残して切ること。
  2. 水を含ませた水苔で、高芽の根を包む
  3. 鉢に移したら、隙間を水苔で埋める。

子株で株分けする

  1. 鉢から取り出した株から、
    ピンセットなどで水苔を取り除く。
    この時根が黒くなっている部分は
    ハサミで切り取る。
  2. 根を折らないように注意しながら、
    親株きら芽の出た子株を切り取る。
  3. 水分を含ませた水苔で、
    子株・親株それぞれの根を包む。
  4. それぞれを鉢に移して、
    隙間を水苔で埋める。

気をつけるポイント

  • 根を折らないように注意しましょう。
    胡蝶蘭は根腐れしやすく、
    簡単に折れてしまうので、株分け中に根が折れないよう
    優しく取り扱うようにしてください。
  • 株分けした後に水やりをするのではなく、
    予め水苔を水で湿らせて置きましょう
  • 株分け後に、別の鉢へ植え替えはやめましょう。
    株分けは植物にとって、とても体力を使い
    ストレスにも繋がります。
    少なくとも株分け前後1〜2ヶ月間は
    植え替えは控えましょう。

 

株分け後の管理

高芽式株分け・子株式株分け、
どちらの場合も重要なのは、根の定着です。

その為以下の2点には気をつけて
管理しましょう。

  • 半月程は日当たりが良く風通しの良い場所で
    管理してください。
    この時、直射日光は葉焼けの原因となるので
    避けましょう。
  • 切った根から病気が入るのを防ぐ為に、
    水やりは半月程度は控えましょう。

 

まとめ

難しいも言われる胡蝶蘭の栽培ですが、
株分けも同様に難易度が高い作業です。

しかし子株がつくのはほぼ運次第とも言われるので、
子株がついたら是非実行してみてください。

栽培と株分けに成功すれば胡蝶蘭栽培は一人前。

たくさん胡蝶蘭を育てて、綺麗な胡蝶蘭を目一杯楽しみましょう!


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!