街路樹などとしてよく目にする
機会も多い夾竹桃。

鮮やかなピンクや白の花は
華やかで、街並みを美しく彩っています。

しかし、綺麗な花には棘があるというように
実は夾竹桃には毒があるんです。

それではその毒はどれほどの毒性なのか?

どんな症状が出るのか?

また接種してしまった場合、
どうすればいいのか?

過去の症例とも合わせて
夾竹桃の危険な毒をしっかりと知り、
事故を予防・対処しましょう!

夾竹桃はどんな植物?

学名:Nerium oleander L. var. indicum Nerium indicum Mill.
科・属名:キョウチクトウ科・キョウチクトウ属
英名:Oleander
原産地:インド
開花期:6~9月
花の色:白、赤、ピンク、黄

夾竹桃は、18世紀に中国から
日本へ伝わってきました。

原産地がインドということもあり熱帯性です。

しかしいったん根付くと寒さに強く、
寒帯地域でも外で越冬できる庭木になります。

夾竹桃は公害に強く
大気汚染などで枯れる心配がないために
街路樹などに用いられることが多いです。

また千葉市、尼崎市、広島市、
鹿児島市などの市町村の花に
指定されています。

広島原爆が落ちたあと、
広島で最初に花を咲かせた植物が
夾竹桃だったことから、
復興のシンボルとされました。

夾竹桃はかなり危険?怖い毒

毒性があることから、
害虫も付きにくい夾竹桃ですが、
どの程度の毒性があるのでしょうか?

次に危険度や毒の強い部分、
事故症例などをご紹介します。

毒のレベル

夾竹桃の毒で最も
強い成分が「オレアンドリン」です。

有毒物質として有名な
青酸カリの致死量が150〜300mg/kgなのに対し、
オレアンドリンの致死量は0.30mg/kg
青酸カリを大きく上回ります。

また夾竹桃は毒性もさることながら、
1時間以内に症状が出るほど
即効性も高いので、有毒植物の中でも
毒性は強い方だと言えるでしょう。

毒のある場所

夾竹桃の毒は
枝、葉、花、実、根など全体に渡ります。

また周辺土壌にも毒が含まれます。

その中でも最も毒性が強いのが枝・葉です。

剪定などの際、枝の切り口からでる汁に
素手で触れるなどすると
皮膚炎になるなどの中毒症状がみられます。

また夾竹桃は経口中毒性が非常に高いので、
誤って口に入れないようにしましょう。

どんな症状がでるのか

夾竹桃の毒を接種した
場合に起こりうる症状は

嘔気嘔吐四肢脱力倦怠感下痢非回転性めまい腹痛などです。

心当たりがあり、なおかつこの症状が
1時間以内に出た場合はまず
夾竹桃の中毒症状と見てよいでしょう。

世界中の症例

夾竹桃は世界中で栽培されていますが、
反面中毒症状を起こした事例も多岐にわたります。

今回はその一部を見てみましょう。

  • 枝を箸代わりに利用し、
    中毒を起こした
  • 1975年フランスで夾竹桃の枝を
    串焼きの串に利用して7名の死亡者発生
  • 1980年に、千葉県の農場で牛に与える
    飼料の中に夾竹桃の葉が混入する事故あり。
    この飼料を食べた乳牛20頭が中毒をおこし、
    そのうちの9頭が死亡した。

    混入した量は、牛1頭あたり、
    乾いた夾竹桃の葉約0.5g程度だったという

    家畜が夾竹桃を食べることで中毒症が問題になる。
    致死量は乾燥葉で50mg/kg(牛、経口)とされている。

毒を接種してしまった!どうする?

死亡例もあるほど毒性の強い夾竹桃。

それでは万が一接種してしまった場合
などはどう対策するべきなのでしょうか?

万が一の場合は

  • 経口摂取の場合は救急車を呼ぶか、
    直ぐに病院へ行きましょう。
    症状が出ていないからと油断せず、
    症状が出る前に処置してもらいましょう。
  • 傷口などに夾竹桃の汁が入ってしまった
    場合はまず手をよく洗うこと。
    それから病院へ行きましょう。
    こちらも油断せず、
    早々に処置してもらいましょう。

どのような接種方法でも、
まずは病院に行くことをお勧めします。

目に汁などが入れば失明にも
なりかねないので、症状が出て動けなくなる
などする前に、しっかりと正しい処置を
してもらってください。

油断すると死亡事故になりかねないので、
気を付けましょう。

接種しないように気を付ける事

夾竹桃の毒を接種してしまう
可能性が大きいものは3つあります。

  • 夾竹桃の剪定

5mほどにも育つ夾竹桃は、
最低でも年1回は剪定を行います。

しかし、前述にある通り、
枝の切り口などから汁が出て、
素手で触ってしまったり、
目に入ったり傷口に入ってしまう場合も。

この場合気を付けることは、
剪定を行う際に、ゴーグルをする

軍手の下にビニール手袋などをして
染みこむのを防ぐ

傷口はガーゼや絆創膏などで
しっかりと覆う、です。

また剪定を行う前に、
隣近所に一声かけるようにすると、
ご近所トラブルの予防にもなるでしょう。

  • 枝を燃やす・燃える

夾竹桃は燃やすと煙に毒が溶け込み、
その煙を吸い込むことで中毒症状を引き起こします。

高温で燃やすのであれば
毒を緩和できますが、
自ら燃やすのではなく、
自治体に回収してもらいましょう。

ただし、自治体によって夾竹桃の枝葉は
回収してくれないところもあります。

その場合、燃えるゴミとして出せば
高温焼却が可能なので回収してくれるでしょう。

不安な場合は該当する
自治体に問い合わせてみましょう。

また夾竹桃は街路樹としても使われるため、
事故などで火災が発生し燃えることも。

近くに行けば煙を吸うことになるので、
無闇に事故現場へ近づかないようにしましょう。

  • 子供が接種してしまう

夾竹桃の毒で最も怖いのは経口接種です。

そして経口接種の可能性が
高いのは小さな子供。

小学校でも夾竹桃は植えられている
ところもあり、おままごとや草笛などで
安易に経口接種する可能性があります。

だからと言って伐採するなどは
安易に出来かねます。

また栽培に手がかからず、害虫の付きにくい
夾竹桃は学校などでは重宝されます。

常日頃から保護者が言って聞かせる、
危険性をしっかりと教える

ということが最大の予防策でしょう。

多くの場所で目にする機会があるので、
鑑賞を楽しみながらも
危険性を伝えるようにしましょう。

毒をもつ植物はこんなにある!

ここまでで夾竹桃の毒性は
ご理解いただけたかと思います。

それでは毒を持つ植物は
他にあるのでしょうか?

身近なものから、珍しいものまでを
一覧でご紹介します。

  • スズラン

葉、花、実すべてに毒があり。

毒性が強く、胃痛、頭痛を引き起こすほか
最悪の場合死に至ります。

毒は水にも溶けるので、
花瓶の水にも注意が必要です。

  • アジサイ

花や葉、根に毒があり。

吐き気やめまいなどの
食中毒症状を引き起こします。

  • スイートピー

花や葉、中でも種子に多い。

頸椎麻痺を引き起こし、
脚、腕、腸、膀胱などにも
障害が出る神経毒です。

  • トリカブト

根が最も毒性が強い。

痙攣や不整脈などのショック状態を
引き起こし、致死量は0.2~1mg/kg

現在も解毒剤はない為、
注意しましょう。

  • クララ

全草が猛毒。

「眩草」(くらら)の名は根をなめると
あまりに苦くて目がクラクラするから
と云われている。

  • ゲルセミウム・エレガンス

世界一強い毒性を持つともいわれ、
致死量は0.05mg/kg

めまい、嘔吐、腹痛、下痢、筋弛緩、
呼吸筋周囲の神経麻痺、視力減退など
様々な症状を引き起こします。

万が一見つけたら近寄らないようにしましょう。

まとめ

美しい花の裏には、
死にも至るほどの危険な毒性がありました。

近年、この毒性から撤去の声が
上がったりもするそうです。

もちろん事故を防ぐには元を断つのが
一番ですが、特性や見た目の美しさなどを
考えると共存できることが最善ですよね。

毒の危険性とその対策・予防法をしっかりと
頭にいれて、夾竹桃を楽しく鑑賞してください。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!