瓶に生けられた白いマーガレット

ロマンチックな花言葉と、
ナチュラルで可愛らしい花姿のマーガレットは、
鉢花にとどまらず、切り花でも大人気の花です。

しかし、マーガレットを扱っているお花屋さんって
意外と少ないんですよね…。

今回は通販サイトを活用した購入方法をご紹介します。

 

切り花のマーガレットが出回る時期

白いマーガレットの拡大写真

切り花のマーガレットは、
『2月下旬~5月』に出回ります。

出荷のピークは『3月』です。
この時期は、より良い質の物を購入できます。

切り花は、鉢花が最盛期を迎える少し前が出荷のピーク
になるのです。

これは、マーガレットに限らず、
どの花にも言えることなので参考にしていただければと思います。

※マーガレットの場合、鉢花が5~6月に最盛期を迎えます。

 


Sponsored Link

マーガレットの花束:¥〇〇〇でどのくらい?

マーガレットとカスミソウのブーケ

切り花のマーガレットは、『1本=@¥150~300』です。

①¥500
 →★記念日や告白などの特別な日にオススメ!
   1本+ラッピングなどが多いです。

②¥1000~¥2000
 →★ちょっとした贈り物や、プレゼントに添えるのにピッタリ!

③¥3000
 →★一般的に、花だけでプレゼントできる見栄えのする大きさ
   がこのくらいです!

④¥5000
 →★ボリューム満点!
   マーガレットは草花なので、高くても¥5000前後で
   満足のいく仕上がりになると思います。

 

マーガレットの花束:注文するときのポイント

女性がマーガレットの花束を持っている写真

①お店によっては、花束とブーケを分けていることがあります。
 注文時に確認しておきましょう!

  ・花 束→丈長め (舞台で渡すようなもの)
  ・ブーケ→丈短め (ウエディングブーケのようなもの)

②求める印象によって、花束とブーケを使い分けましょう!

  ・ボリュームを出したい →花束
  ・可愛らしい印象にしたい→ブーケ

③購入する日は、火曜日・木曜日・土曜日が狙いどきです!
 (※花屋に買いに行く場合)

  →花屋は月曜日・水曜日・金曜日に切り花を入荷します。
   しっかりと水揚げが済んだ翌日に購入することをオススメ
   します。

   通販サイトで購入するときも、到着までを逆算して購入する
   といいかもしれません。

④「ボリュームいっぱいにして下さい」
 「コンパクトでいいので質の高い(高級)花を使って下さい」
 などコメントを添えると良いです。

  →花屋・通販サイト、両方で効果があります。
   花を細かく指定するよりも、ざっくりと要望を伝える
   ことがポイントです。

 

マーガレットの花束:購入可能な通販サイト

花を輸送する時の段ボール箱

本当なら直接花屋に行って注文したいけど、
忙しくて行く暇がない…なんてこともありますよね。

そんなときに安心して注文できる通販サイトを厳選してまとめ
ました。

【オススメ】
宅配業者ではなく、現地の花屋が直接配達してくれます。
宅配便で輸送される時間がないため、鮮度が良く、
水が下がりやすいマーガレットなどの草花にオススメです。

・花キューピット
 『 https://www.i879.com/products/catalog/categoryId/gs01 』

・ジャパンフラワーネットワーク
 『 https://www.rakuten.co.jp/jfn87/ 』

【大手通販サイト・大手花屋】

少し高値ではありますが、商品・決済など安心して
利用できます。

・楽天市場
 『 https://www.rakuten.co.jp/ 』

・日比谷花壇
 『 http://www.hibiyakadan.com/ 』

・青山フラワーマーケット
 『 http://eshop.aoyamaflowermarket.com/pc/?action=top 』

 

マーガレットの花束:通販を利用する時の心構え

水切れした切り花のマーガレット

①水が下がる可能性がある(上記写真参照)
 →マーガレットのような草花は、
  水が上がりやすい反面下がりやすい性質です。

②輸送時の気温
 →これは「運」です。
  春は通常、普通便での輸送になります。
  しかし、近年は地球温暖化が進み春でも猛暑日になる日が
  あります。
  この場合、暑さで花が痛み水が下がる原因になります。

  反対に、それを危惧してクール便で輸送した場合…。
  猛暑日になれば完璧な手配となりますが、
  ならなかった場合は冷えすぎて花が凍結してしまいます。

  解凍されるとシミになり茶色く腐ったようになってしまいます。

③相手先が不在の場合がある
 
→こうなった場合は、トラックの中か営業所で保管されます。
  花は生物なので、状態は保証できません。

④輸送の衝撃で花が傷むことがある
 
→「取り扱い注意」等の注意書きシールを貼ってくれる場合が
  ほとんどですが、それでも輸送時の衝撃は否めません。

 

マーガレットの花束:失敗しない通販の利用方法

女性がマーガレットの取っ手付きのアレンジメントを持っている写真

『花キューピット』or『JFN(ジャパンフラワーネットワーク)』
 を利用する!
 →この2つは、宅配業者ではなく現地の花屋が直接配達
  してくれます。
  花を良く理解している人が届けてくれるため、安心して
  注文できますよ。

②アレンジメントを検討する!
 
→上記の写真のように、水を含んだスポンジに花を挿していく
  タイプのフラワーギフトです。
  花瓶に生ける花束と違い、水替え不要なため、管理がしやすく
  人気があります。

  輸送期間、花束に比べて花持ちも良く、
  金額も変わらない場合が多いため、オススメですよ。

③日にちに余裕を持って注文する
 
→輸送には1日~3日ほどかかることがほとんどです。
  また、花自体がない場合もあるため、余裕を持って
  1・2週間前から注文しておくのが確実です。

 

まとめ

いかがでしたか?

ネット注文が主流となりつつある今ですが、
花は生物です。

通販のメリット・デメリットを知って、その場に合った
最適な方法で、大切なあの人にお花を贈ってくださいね!


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!