満開に近いピンク色のマーガレット

マーガレットの花を毎年楽しむためには、
「切り戻し剪定」がかかせません。

時期と方法を覚えて、見た目も健康状態も良い株に
育てましょう!

 

「切り戻し剪定」って何?

おしゃれな革の袋に入った剪定ばさみ

剪 定 → 切り戻し(=切り戻し剪定)

       透かし剪定 

    →  刈り込み・刈り上げ 

    →  芽つみ・みどりつみ

このように、
茎や枝を切って形を整えることの総称「剪定」といいます。

そして、剪定の方法には4つあり、
「切り戻し(=切り戻し剪定)」はその一つです。

※以降、「切り戻し」とよびます。

切り戻しとは、
枝を半分~1/3ほど切って株を小さくし、
形を整えることをいいます。

 


Sponsored Link

なぜ、マーガレットの切り戻しをする必要があるの?

満開に近い樹形がやや崩れたピンク色のマーガレット

理由1. 株の形を整えるため

    →上の写真のような、やや崩れた樹形だと
     沢山花が咲いてもなんだか美しさに欠けて
     しまいますよね?

     こんもり樹形の美しいマーガレットに仕立てる
     ためには、切り戻しが必要なのです。

理由2. 花付きを良くするため

    →植物は枝(茎)を切ると、切り口のすぐ下あたりから
     2つの新芽が出てきます。
     これらが成長し、花をつけるため花数が増えていきます。

     切り戻しを行わないと1つの花しか咲かないことに
     なるので、花数が少なることになります。

理由3. エネルギーが行き渡る範囲を最小限にするため

    →切り戻しをすることで、栄養を回さなければ
     ならない範囲が狭まるため、株が消耗せずに
     翌年の新芽の息吹を良くしてくれるのです。

理由4. 病害虫を予防するため

    →枝葉が混みあってくると風通しが悪くなり、
     様々な病害虫の症状が出る原因となります。

     マーガレットはムレが苦手なので切り戻しは
     とても大事な作業になります。
     風通しを良くして、薬剤不使用を目指しましょう!

 

マーガレットの切り戻し時期はいつ?

切り戻し作業を終えたマーガレット

マーガレットの切り戻し適期は、毎年9月~10月上旬です。

良く晴れた午前中に行うと、
切り口が確実に乾くのでオススメです。

切り口を乾かさず、湿ったままにすると病害虫にあいやすく
なり、最悪の場合枯れてしまうことがあります。

 

・ 10月上旬以降の切り戻しはNG!
 →翌年の開花が遅れる大きな原因になります。

・ 冬季の切り戻しもNG!
 →マーガレットは冬に休眠します。
  休眠中は株が弱っているため、切り戻しという
  植物に大きな変化をもたらす作業を行うと、
  枯れてしまう可能性が高くなります。

 

マーガレットの切り戻し方法は?

マーガレットの切り戻し後の様子

マーガレットの切り戻し方法は意外と簡単です!

園芸用のハサミで、
半分ほどバッサリと切るだけでOKです。

すると、上の写真のように新芽が茂ってきます。

 

ポイント1. 少し葉を残す
      →こうすることで枯れる可能性を低くできます

       ただ、暖地では夏の高温多湿によるムレで、
       下葉が極端に落ちることが多いです。

       この場合は、葉を残しての切り戻しは難しいため
       無視して下さい。

ポイント2. アーチ状に切る
      
→こうすることで、マーガレットが一番美しく見える
       こんもり形になります

切った枝は「挿し木」で増やすことができるので、
ぜひチャレンジしてみて下さい。

【挿し木ページ準備中……】

 

マーガレットの花をもっと楽しむための「摘心」

生育旺盛の時期に出てくる新芽を摘み取り、
脇芽を出させて花数を多くすること「摘心」といいます。

マーガレットの場合は、
3月~5月頃に行うことが多いです。

新芽が15cmほどのびてきたら摘み取ってしまいましょう。

すると、摘み取ったすぐ下から2つの新芽が出てきて、
成長すると両方に花をつけてくれます。

 

まとめ

いかがでしたか?

厳密にいえば、剪定すべき枝の名称などもありますが、
マーガレットの場合はそこまで難しく考えなくても大丈夫です。

9月~10月上旬
葉を残して半分まで切る

この2つを覚えておきましょう!


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!