ピンク色のマーガレットの寄せ植え

お庭はないけど、ガーデニングを楽しみたい方に
オススメの「寄せ植え」。

お庭がある方でも、玄関周りに季節のお花を使った
「寄せ植え」を置くと、建物がワンアップして見えますよ!

今回は春の定番花「マーガレット」を使った寄せ植えを
ご紹介します。

 

マーガレットの特性を知ろう!

白いマーガレットの拡大写真

寄せ植えを作る時に1番大切なことは、
『その植物の特性を知る事』 です。

特に、 水やり と 日当たり は必ずチェック
しましょう。

好む環境が異なる植物同士を、1つの鉢で管理
するのは不可能です。

他にも、
耐寒性・耐暑性・開花時期 なども確認できると
いいですね。

それでは今回のメインであるマーガレットの特性を
見てみましょう。

原産国

 カナリア諸島(スペイン)
  →1年中暖かく、比較的乾燥している。

草丈/花径  50~100cm/3~6cm
水やり  やや乾燥気味
日当たり  日向を好む
  →夏は明るい日陰に移動する。
耐暑性  △→高温多湿が苦手なマーガレットは、
    冬越しよりも、夏越しをするのが難しい植物。
耐寒性  △→寒冷地でなければ外で越冬できる。
    ワラなどを株元に敷いてあげるとなお良し。
植付け  4~5月
開花時期/最盛期  3~6月,10~11月/5~6月(梅雨手前)

 


Sponsored Link

マーガレットの寄せ植えを作るオススメの時期と観賞期間

長方形の木箱を使ったマーガレットの寄せ植え

寄せ植えを作る時に意外と大事なのが、『植える時期』です。

 

マーガレットなど「春の花」を例に考えてみます…

  2月に植えた場合 → 霜にやられて枯れてしまう

  3月に植えた場合 → 夏の寄せ植えを作る時には見頃を超えている
             理想の状態

  5月に植えた場合 → 夏の寄せ植えを作る適期である6月末には
             成長途中で引き抜くのはかわいそうな状態
             ※8月頃に夏の寄せ植えを作ろうと思っても、
                    出回っている苗は最終出荷物なのであまり良い物ではありません

このように、
早すぎると、環境についていけずに枯れてしまい…

遅すぎると、次の時期の寄せ植えを作る時に良い苗を
購入することができなくなってしまうのです。

 

「春の寄せ植え」の観賞期間は、
3月~6月までの4ヶ月を目安にして下さい。

 

マーガレットの寄せ植えと相性のいい鉢を選ぼう!

素焼きの鉢が沢山並んでいる写真

まずはガーデニングで使える、主な鉢の種類を簡単にご紹介します。

【種類】 【メリット】 【デメリット】
素焼き鉢
(=テラコッタ)

・通気性/排水性 抜群
・熱が伝わりづらく、夏でも
 高温になりづらい
・年数が経つと味が出る

・やや高価
・重い
・割れやすい
駄温鉢 ・素焼き鉢よりやや保水性がある 素焼き鉢より少し排水性が悪い
プラスチック鉢 ・安価なのに種類が豊富
・軽い
・割れにくい
・保水性がある
・保温性がある
・通気性が悪い
・排水性が悪い
・熱が伝わりやすく、
 夏は鉢内部が高温になりやすい
 →ラックなどを使って地面から
  離すといい
木製鉢 ・通気性/排水性 抜群
・温かみのある雰囲気を出せる
・やや高価
・腐りやすい
・壊れやすい
ブリキ ・使い方でオシャレ度がグンとUP
・年数が経つと味が出る
・通気性/排水性 が悪い
・鉢内部の温度が、
 外気温に左右されやすい
・サビる
アイアン
(ハンキングetc.)
・通気性/排水性 抜群 ・保水性が無いため
 水やりがやや大変
・サビる
グラスファイバー鉢

・質感が自然
・種類が豊富
・軽い
・壊れにくい
・通気性 抜群

・高価
・免疫力が低い人には、
 有害な可能性がある

なかでも、マーガレットの花姿を生かす鉢は
『素焼き鉢』 『木製鉢』などのナチュラル素材の物です。

『素焼き鉢』を選ぶなら

素焼素材の浅型鉢

  • 直径30cmほどの大き目の浅型鉢を選ぶと
    綺麗に見えるためオススメです!
  • 万が一植物が病気になってしまったら、その時の
    鉢は使いまわさず、処分しましょう。
    →通気性/排水性を良くするための小さな穴(気孔)
     の中に病気の菌が入り込んでいることがあるからです。
  • 素焼き鉢は重さがあるため、
    ベランダなどの重さ制限がある場所に置く場合は
    よく検討しましょう。

『木製鉢』を選ぶなら

木製長方形プランター

  • 自然のままのものよりも、
    バーナーで焙っている物 や 防腐剤を塗ってある物
    を選ぶと5年は持ちます。
  • 地面にベタっとつくタイプよりも、
    脚があり地面と鉢底に空間がある物を選ぶと
    より長持ちします。

 

*雰囲気別*マーガレットと相性OKな花一覧!

ピンクマーガレットと菫の寄せ植え

マーガレットは上に伸び、株元がすくタイプです。
 →横に茂る物、地面カバーするように育つ物と合わせると良いです。

ナチュラル

《相性の良い花の特徴》
   ・マーガレットの花と似た形の花
   ・風に揺れる花
   ・細い葉物や細かい葉物

花:【ローダンセマム】

ピンク色のローダンセマム

マーガレットと花姿がにていて、
裁判環境、出回り時期などがほぼ同じです!

春に植えるローダンセマムはあまり大きく成長しないため、
マーガレットと高低差がでてバランスよく見えます。

花色も白、ピンク、赤があります。

その他花  ・ミヤコワスレ
      ・ネメシア
      ・ニゲラ
      ・スカビオサ
      ・アネモネ
 

葉:【ヘデラ】

斑入りヘデラの苗

ナチュラルに見せるなら、葉物はヘデラを使えば間違いなし!

栽培環境を好まないため、気にせず寄せ植えに使えます。

良く伸びるので、気になったらカットしましょう。

その他葉  ・アジュカ
      ・クローバー
      ・ロータス
      ・シロタエギク
      ・クッションブッシュ

 

こんものも!【ハーブ類】

タイムの葉の拡大画像

栽培環境が似ているハーブ類を寄せ植えに入れると、
実用性のあるものにります。

害虫よけにもなるのでぜひお試しください!

シック

《相性の良い花の特徴》
   ・濃い赤、紫、緑の花や葉物
   ・大き目の花
   一重咲きよりも八重咲きの方が重厚感がでる

 

花:【オステオスペルマム】

赤、ピンク、紫の八重咲きオステオスペルマム

マーガレットよりもやや低めにまとまるので、
マーガレットの気になる株元のすきをカバーしてくれます。

シックに決めるなら、もってりと見える八重咲きタイプが
オススメです。

栽培環境等はマーガレットとほぼ同じなので気にしなくて
大丈夫です。

その他花 ・ペチュニア
     ・パンジー/ビオラ
     ・黒葉菫
     ・アネモネ
     ・ムスカリ

 

葉:【カレックス】

カレックスの苗

カラーリーフとして人気の高い植物です。

その性質はとても丈夫で、路肩に植えられている
のも目にします。

カレックスが入るだけで、シックな雰囲気はもちろん、
動きのある寄せ植えになりますよ!

その他葉 ・コクリュウ
     ・シロタエギク
     ・ポリゴナム
     ・ヘデラ

 

こんなものも!【野菜】

パセリの鉢植え

ブロンズ系のリーフレタスや、
濃いグリーンのパセリはシックな雰囲気の
寄せ植えにピッタリ!

アブラムシや幼虫がよって来やすいので
オルトラン剤をまいておくなど、少し工夫が必要です。

明るく/可愛く

《相性の良い花の特徴》
   ・黄色、ピンク、水色などの明るい色の花
   ・ライムグリーンの葉

花:【キンギョソウ】

色とりどりのキンギョソウ

花色やカラーバリエーションが豊富で、春の寄せ植えに
ピッタリの明るい雰囲気を持つ花です。

矮性種のものは成長しても、20~30cmほどで、
丈夫な性質なため、寄せ植えに良く使われています。

その他花 ・ネメシア
     ・オステオスペルマム

 

葉:【コリウス】

3種類植わったコリウスの寄せ植え

夏の定番カラーリーフ。

その鮮やかな葉は花なような存在感があり、
寄せ植えに加えればとても華やかな物になります。

カラーバリエーションが豊富で、迷ってしまうほどですが、
明るい寄せ植えには白・黄緑が強い物がおススメです!

生育が早いので、伸びてきたらカットしてあげましょう。
そうすることでこんもりとした形をキープできます。

その他葉 ・ヘデラ
     ・シロタエギク

 

センスのいい寄せ植えにするちょっとしたコツ

籠に寄せ植えされたマーガレット

①玄関前に置くなら大鉢2つ!
 →センス良く見せるのであれば、大鉢を使って
  左右対称にするのが一番です。
  花の都ヨーロッパ各地でもこの方法が多く使われています。

②垂れるものを1種類入れる!
 →ヘデラ・カレックスなど、垂れるように育つ物を
  入れましょう。
  手前に1苗入れるだけでもオシャレ度がUPします。

③長方形の鉢に植えるときはずらすのがポイント!
 →長方形の鉢に植えるときは、ジグザグにずらして植える
  立体感がでて綺麗な仕上がりになります。

④色数は3つまで!
 →ついついいろんな色を入れたくなりますが、
  センス良くまとまるならば、3色までに抑えましょう。

  さらに同系色でまとめた中に、少しだけ反対色を入れる
  しっくりくる仕上がりになりますよ!

  例)赤ピンク  7割・・・白  2割・・・紫  1割

⑤植物は奇数個!
 →メインの周りに3つ植えるなど、奇数個で植えると
  まとまり良く見えます。

⑥質感が似ている物を選ぶ!
 →シロタエギク+ロータス
  キンギョソウ+アネモネ
  など、厚みなどが似ている物同士を組み合わせると
  まとまりがよくなります。

正しい花の向きで植える!
 →花にも後ろ前があります。
  苗を手に持ちくるくる回すと、一番綺麗に見える所が
  あると思います。

  そこをしっかりと正面に向けてあげることがセンス良く
  飾る中で一番大切な事です。

 

寄せ植えの管理方法と処理方法

伸びすぎた寄せ植えの花

寄せ植えは短期間楽しむものなので、
特別な管理はありません。

・萎れた花を摘む
・のびすぎた葉はカットする   程度です。

 

6月後半~7月上旬のうちに、夏の寄せ植えに変えましょう。
→この時期を過ぎると夏の良い苗を購入できなくなります。

マーガレットは1年草ではないので、育てようと思えば
比較的簡単に育てることができます。

その場合は、別の鉢に植えて単体で育てることをオススメします。

寄せ植えに残して1年中楽しむ方法もありますが、
マーガレットは夏の高温多湿に弱く、日陰に移動するなど
特別な管理が必要なため向いていません。

また、年数が経つと木質化することも要因になります。

 

その他の花々も、開花時期やそれぞれの管理の仕方によって
残すか処分するかを決めましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

寄せ植えを作る時の色合わせは、個人の好みによります。

その好みも、その人の精神状態によって変わるものです。

あまり型にとらわれず、あなたのオリジナリティあふれる
物を作ってくださいね。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!