モンステラの剪定

生育旺盛でどんどん生長するモンステラ。

モンステラの切り戻し剪定について、
適切な時期や使う道具、どの位置で切ればいいのか?など剪定のコツや注意点を紹介します。

また、剪定した茎葉の水挿しなどについても紹介します。

モンステラの剪定の時期

モンステラの剪定に適した時期は、
5月~7月頃です。

この頃はモンステラの生育が良いので、剪定をしても弱りにくいです。
気温が20℃以下で涼しい・寒い時期は、剪定によって弱りやすいので避けましょう。

モンステラの剪定方法

鉢植えのモンステラ

モンステラの剪定は、適期に少しずつおこないましょう。
一度に沢山切ってしまうと弱ってしまうこともあるので気を付けてください。

モンステラの剪定に使う道具や詳しい切り方を紹介します。

用意する道具

用意する道具はこちらです。

  • 剪定バサミまたはノコギリなど
  • ビニール手袋またはゴム手袋

茎を切る道具は、切り口から菌が感染しなように熱消毒などをした清潔なものを使います。
良く切れるもの、切る茎の太さや硬さに適した道具を使いましょう。

モンステラの剪定をするときには、水が浸透しない手袋を着用してください!

手袋
モンステラの茎・葉から出る汁には修酸カルシウムという毒が含まれていて、皮膚のかぶれや粘膜の炎症を起こします。
ペットなどが食べてしまわないようにも注意が必要です。

切る位置

モンステラの剪定方法を紹介します。

次のような部位を付け根から切り落としましょう。

  • 茶色や黄色く変色している
  • 中心部に向かって(内側に)伸びている
  • 込み合っている
  • 伸びすぎてバランスが悪くなっている

モンステラの剪定

ですが、高さ・長さを短くしたいときなどは、葉(葉柄)の付け根ではなく太い茎を切りましょう。
茎に生えている根(気根)の生え際や葉の付け根部分を避けて、節と節の間で切ります。

モンステラの剪定位置

剪定で切り落とした茎葉を育てて増やしたい場合は、
葉が2~3枚ついていて気根も生えている茎を使います。
(下の方にある葉は切り落とします。)

モンステラの切り分け位置

剪定方法はこのように簡単ですが、
剪定をしつつ、葉が変色している原因などを考えるといいですね。

  • 日当たりが悪い/日が当たりすぎ
  • 水やりのしすぎ/少なすぎ
  • 根腐れ
  • 害虫

などに気を付けてみてください。

また、大きさを維持するためには、
剪定の他にも、肥料や水やりを枯れない程度に控え目にして育てるのもいいですよ。

次に、切り落とした茎葉(数枚の葉と気根が付いた茎)を有効活用する方法を紹介します。

 

切り落とした茎葉の活用方法

モンステラ

モンステラの剪定で切り落とした茎葉を育てて増やす方法などを紹介します。

増やし方~水挿しで増やせる?~

葉の付け根で切ったものは水挿しなどをしても根が出ません。(↓)

モンステラの剪定

葉が数枚と気根が生えた茎を節の間で切ったものは、水を入れた容器に挿しておけば発根します。
挿している瓶の水も多少毒性があるかもしれないので、ペットが飲んだりしないように気を付けましょう。

水挿しして発根させたものを土に植え付けたときは、
乾燥に弱い状態なので、植え付け後から乾燥させないように適度に水やりをしてください。

水挿しは、梅雨時期には腐りやすかったり、大きくて挿しにくかったりするので、土に直接挿す方が一般的です。
土に直接挿すときは、気根が埋まるように挿して、少しの間は水やりを控え目にして育てます。

次に、水栽培について紹介します。

水栽培の方法

室内で育てるときに、水やりの手間が減るなど手軽に育てられる方法があります。
水栽培(ハイドロカルチャー)です。

大きいモンステラを育てるには不向きですが、小さいものなら水栽培で育てることもできます。

「用意するもの」

  • ハイドロボール
  • 根腐れ防止剤
  • 穴のない容器

「植え付け方」

容器に根腐れ防止剤を少し入れ、
ハイドロボールを入れながらモンステラを植え付けるだけです。

育て方は、容器に水を少し溜めておいて、なくなったら水をまた溜めておきます。
肥料はハイドロカルチャー用の肥料などを使います。

気になった方は、剪定して切り落としたもので水耕栽培を試してみるのもいいですね。

インテリアとして飾る

モンステラの大きな鉢植えは広いリビングなどなら置きやすいですよね。
狭い場所には置きにくいと思います。

そんな場所には、モンステラの葉を花瓶などに挿して(誤食や誤飲に注意して)飾っておくのもいいかもしれません。

トイレ

モンステラは風水的な効果もある観葉植物ですよ。

 

まとめ:モンステラの剪定時期&目的別の剪定位置

モンステラの剪定時期は、
気温が20℃以上で湿度がやや高い時期、5月~7月頃です。

剪定する位置

  • 変色した葉を一枚切りたい→葉(葉柄)の付け根
  • 伸びすぎたところを短くしたい→太い茎の節(気根や葉の付け根)と節の間
  • 剪定後に植え付けて育てたい→葉が2~3枚あり気根がついている茎

特に、剪定で切った茎を植え付けて育てたい場合は良く切れる道具で切ってください。
切り口がつぶれていると水の吸収力が弱くなって根付きにくくなります。

モンステラの剪定では、茎・葉の汁にも気を付けて行ってくださいね。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!