鉢植えのモンステラ

観葉植物のモンステラは、
主に挿し木で増やします。

モンステラの場合、
地上部の茎から根が生えていて、根をつけて切り分けるので株分けともいいます。

モンステラは挿し木も株分けも同じ方法になります。

挿し木に適した時期や、
挿し木方法(どの部分を土に埋めるのか?や水挿しの方法など)、
その他、増やした後の水やり・管理方法などを紹介します。

モンステラの挿し木の時期

モンステラの挿し木時期は、
6月~7月頃です。

気温が20℃以上で湿度が高めの時期が適期です。

モンステラは20℃以上の気温で生長しやすく、
また、挿し木で失敗しないコツは乾燥させないことです。

なので、気温や湿度を考えて適した時にモンステラを挿し木してみてください。

モンステラの挿し木方法

モンステラ

モンステラの挿し木用の茎の切り方を紹介します。

※モンステラの葉・茎から出る汁には毒があります。
皮膚のかぶれや粘膜の炎症を起こすことがあるので、手袋をつけるなどして気を付けてください。

切り方ですが、葉の付け根から切ったものでは挿し木が成功しません。

挿し木用の茎は、
葉が2~3枚ついていて気根(地上部の茎から生える根)が生えているものを使います。

葉や気根の生え際でない部分(節と節の間)で切りましょう。
下の方(土に埋める部分)についている邪魔な葉があれば切り落とします。
また、葉が大きすぎる場合は、水の蒸発(乾燥)を防ぐために葉を半分に切ります。

モンステラの切り分け位置

挿し木用の茎を適切な位置で切ったら、挿し木をしましょう。

切ったモンステラをすぐに土に挿す方法や水挿しの方法を紹介します。

土に挿す方法

切ったモンステラを土に挿して増やす方法「挿し木」を紹介します。

土は、挿し木用土か観葉植物用の用土などを使います。

切ったモンステラを土に挿すときは、気根が埋まるように植えます。
土に埋めた気根は、普通の根になるようです。
気根が長すぎたり邪魔になるところは切ってしまって大丈夫です。

土にそのまま挿し木してもいいですが、
少し湿度が低いときは、土に埋める部分に水苔を巻いたりして挿し木をするといいようです。

この挿し木の他にも「茎伏せ」という増やし方もあります。

茎伏せはその名の通り、葉がない茎を寝かせて土に下半分埋める方法です。
葉が付いていた部分(節)をいくつか残して切った太い茎を使います。

茎伏せ

水挿しの方法

水の入ったグラス

切ったモンステラを水に挿して発根させる方法「水挿し」を紹介します。

水挿しは、水に挿した後に土に植える手間がありますが、
根が出ているか確認できたり、乾燥で弱らせることがないです。

ただ、湿度が高いときなどに、水に浸かっている茎が変色して腐ったりすることもあります。

水挿しの方法は簡単で、切ったモンステラを気根も浸かるように水に挿しておくだけです。
ただの水かメネデール液などを入れた水に挿しましょう。

1か月前後で発根するようです。

根が出てきたら、気温・湿度が高い6月~8月くらいの時期に植え付けましょう。

 

増やした後の管理方法

鉢植えのモンステラ

土に挿し木をしたモンステラと、
水挿しをしてから土に植えたモンステラの管理方法を紹介します。

切って増やしたばかりの頃は弱りやすいです。
植えてから1か月くらいは特に気を付けて管理してみてください。

土に挿した株

土に挿し木をして増やしたばかりの株は、
水やりを控え目にして育てます。

乾きすぎはだめですが、湿度が高い時期なので土が湿りすぎないように気をつけてください。

1か月くらいは肥料はあげません。

置き場所は、直射日光が当たらない明るい日陰にします。

きちんと育ってきたら、普通のモンステラの育て方で元気に育ててください。

水挿しをしてから植え付けた株

水挿しで育てていたモンステラは、乾燥に弱いです。

土に植えたばかりの頃は、乾燥しないように適度に水やりをして育てます。

 

モンステラの種は買える?

モンステラの種は一般的には売られていません。

売られているとしたら、観葉植物の専門店(通販店)やオークションなどです。

ちなみに、モンステラはこんな花を咲かせるようです。

モンステラの花

小さな鉢植えなどでは花は咲かず、
沖縄など気温が高い場所で、地植えなどで太く大きく育ったモンステラは花が咲くようです。

花を咲かせて種を取るのは難しそうですね。

 

まとめ:モンステラの増やし方&適期

モンステラを増やすのに適した時期は、
6月や7月など、気温・湿度が高い時期

モンステラを切ったときの汁には触れないようにしましょう。

増やし方はいくつかあり、

  • 土に挿す(挿し木)
  • 水に挿す(水挿し)

これらは、葉が数枚と気根がつくように節と節の間で切った茎を使います。

  • 茎だけを土の上に寝かせて植える(茎伏せ)

この方法は、葉がなく節がいくつかある茎を使います。

「増やしたばかりの頃の育て方」

  • 挿し木・茎伏せした株→水やりは控え目に。
  • 水挿しして土に植えた株→乾燥に気を付けて適度に水やり。

どの方法も、明るい日陰で管理し、肥料はしばらくあげないようにします。
発根は1か月前後。

気温が20℃以上でも、湿度があまり高くないときにモンステラを増やすときは、
水挿しか、水苔で包んで挿し木または茎伏せで増やすと良さそうですね。

いきなり大きい鉢に植え付けないのもポイントです。
根腐れの原因になってしまいます。

 

気温・湿度、切る位置、管理方法などに気を付けて、
モンステラを挿し木などで増やしてみてください。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!