ニチニチソウ

ニチニチソウは病気や害虫にかかりにくく育てやすい花です。

かかってしまう病害虫は大体決まっています。
その主な病害虫をいくつか簡単に紹介します。

病気に強い品種も紹介しますよ。

ニチニチソウの病気

ニチニチソウは暑さや乾燥に強く、湿気などが苦手です。

かかりやすい病気を2つまとめます。

(苗)立ち枯れ病

温暖多湿で発生しやすい病気。

症状:地際の茎が変色して葉は黄色くなり、生育が悪くなって枯れる。

疫病

高温多湿で発生しやすい病気。

症状:葉が葉先や縁から変色して枯れ、
地際などの茎の一部が黒く変色し始めると全体が枯れる。


Sponsored Link

病気の対策

立ち枯れ病や疫病は、土から伝染します。
苗・株が花壇などに植わっていれば、他へ伝染しないように早めに抜き取り焼却処分します。

鉢やプランターに植えていて、他への伝染の心配がない場合は…

軽い症状なら、対策をして様子をみてもいいかもしれません。

病変部位は切り取って焼却処分します。

容器から土や根鉢をそっと取り出せれば、土を少し日光消毒するといいです。
その後は、乾燥気味に管理して様子をみましょう。

花壇などでこれらの病気の株が多い場合は、
土をなるべく捨てて新しい土を入れ、薬剤を散布するといいかもしれません。

ニチニチソウの立ち枯れ病や疫病に効果がある薬剤は、
「リドミル粒剤2」などがあります。

 

病気の予防方法

  • 日当たり・風通しの良い場所で管理する。
  • 間隔を20cmくらい適度に空けて植える。
  • 水やりをしすぎない。
  • 腐葉土などを入れて水はけの良い土で育てる。
  • 摘心をしすぎず、切り戻しを適度にやる。
  • 3年くらいはキョウチクトウ科の連作をしない。新しい土にするか、土壌改良剤を使う。
  • 病気に強い品種を選ぶ。

花がらや枯れた葉をこまめに摘み取ると、
カビ予防になります。

疫病に耐性がある品種
”ニルバーナカスケード”

立ち枯れ病に強い品種
”コーラ”

 

ニチニチソウの害虫

ニチニチソウの害虫もあまり種類は多くないようです。
1種類だけ紹介します。

アブラムシ

アブラムシ

冬を除いた乾燥時期に発生しやすいです。

大きさは3ミリほどで、茎の汁を吸います。
アブラムシの分泌物でアリが集まったりします。

すす病などを引き起こしたり、
ウイルス病を媒介したりします。

対策

少なければガムテープなどで貼り付けて取りましょう。

少し多い場合は、
酢を水で薄めたものか牛乳をスプレーして窒息させます。
「粘着くん液剤」というものも売られています。

予防方法

  • 適度に水やりをする。
  • 窒素肥料をあげすぎない。

 

その他の枯れる原因

秋

ニチニチソウは寒さに弱いです。
そのため、秋(10月頃)までの1年草として扱われます。

12℃以下になってくると枯れてしまいます。

また、肥料(リン酸)不足では花付きが悪くなったりします。

 

まとめ:主な病害虫は3種類

  • 立ち枯れ病
  • 疫病
  • アブラムシ

ニチニチソウの主な病気は2つとも、
同じような対策・予防方法です。

害虫も少ないので、育てやすいと思います。

病害虫にかかったらなるべく早く対策をして、
育て方や置き場所などを考えて予防してくださいね。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!