ニチニチソウ

暑さや乾燥に強く、
6月~10月の長い期間咲き続けるニチニチソウ。

一緒に寄せ植えする花は、夏の花から選びましょう。

ニチニチソウとの寄せ植えで相性が良い花や選び方のコツ、
寄せ植えの仕方や管理方法までまとめて紹介します。

ニチニチソウとの寄せ植えで相性が良い花10選!

ニチニチソウと相性の良い花を10種類、まとめて紹介します。

ペンタス

ペンタス

常緑低木。30cm以上。
一年草扱いか、5℃以上で越冬。

性質:暑さに強く、乾燥気味を好む。
病害虫も少ない。

開花時期:5月~11月
花色は、薄~濃いピンク・赤・白。

ペンタスの品種は通販サイトで確認してみてください。

通販サイト
【楽天市場】ペンタス

  • 高性種で草丈50cmの”パニックタワー”
  • 八重咲きの”ライカ”シリーズ
  • 斑入り葉の”サマースター”

などがあります。

ペチュニア

ペチュニア

多年草。30cm以下。
一年草扱いか関東以西の暖かい地域では越冬も可。

性質:暑さに強く、多湿や雨に弱い。

花:3月~11月
花色は、赤・紫・ピンク・クリーム色・白。

通販サイト
【楽天市場】ペチュニア

  • 小輪種、カリブラコア”ティフォシーW”
  • 八重咲き、”ドレスアップ”
  • 絞り咲き
  • 気温で花色が変化する、”アロハ ハワイ”
  • 斑入り葉、”ホワイトメモリー”
  • 垂れ下がる性質、”ウェーブ”シリーズ。
  • 栄養系、強健な性質の”スーパーチュニア”

などがあります。

ブルーサルビア

ブルーサルビア

別名、ファリナセア。
多年草で草丈40cm程。
寒い地域では一年草扱い。

性質:暑さに強く、湿気に弱い。

花:6月~10月
花色は、青紫・白。

通販サイト
【楽天市場】ファリナセア

センニチコウ

千日紅

一年草で草丈15~80cm。

性質:暑さや乾燥に強い。

花:5月~11月
花色は、赤紫・ピンク・白。

近縁種のキバナセンニチコウは、
背が高く1mにもなる多年草。

通販サイト
【楽天市場】センニチコウ

アンゲロニア

アンゲロニア

別名、エンジェルラベンダー。

多年草(寒さに弱く一年草扱いが多い)。
草丈40cm~1m。

性質:暑さに強く、やや湿り気を好む。

花:6月~10月
花色は、紫・赤紫・ピンク・白。

通販サイト
【楽天市場】アンゲロニア

アメリカンブルー

アメリカンブルー

別名、エボルブルス。

草丈20~40cm。

(寒さに弱く一年草扱いが多い。)

性質:暑さや乾燥にも強い。

花:5月~10月。
花色は青。

通販サイト
アメリカンブルー

ジニア(ヒャクニチソウ)

ジニア

1年草で草丈15cm~1m。

性質:暑さに強く、乾燥気味を好む。

花:6月~11月
花色は、赤・オレンジ・黄・ピンク・黄緑。

通販サイト
【楽天】ジニア

ランタナ

ランタナ

低木で30cm~2m。

性質:暑さに強く、乾燥気味を好む。

花:4月~10月
花色は、ピンク・オレンジ・黄・白。

通販サイト
【楽天市場】ランタナ

トレニア

トレニア

多年草で草丈30cm以下。
(暖かい場所で越冬または一年草扱い。)

性質:暑さに強く、やや湿り気を好む。

花:5月~10月
花色は、紫・ピンク・赤・白。

通販サイト
【楽天市場】トレニア

シロタエギク

シロタエギク

多年草で20~60cm。

暑さに強く、乾気味を好む。

花:夏
花色は黄色。
シルバーの葉を観賞するなら花茎は切ります。

通販サイト
【楽天市場】シロタエギク

ニチニチソウと寄せ植えする花を選ぶコツ!

ニチニチソウと寄せ植えする花の選び方のコツを紹介します。

コツ1、花の性質を合わせる。

ニチニチソは、暑さに強い・日当たりを好みます。
暑さに強い花から選ぶのがコツです。

それから、
ニチニチソウは乾燥に強く、湿気に弱いです。
同じく、乾燥に強い・乾燥気味を好む花から選ぶのもコツです。

コツ2、開花時期を考える。

花壇で色々な花を植えて観賞する場合は、
開花時期をあまり気にしなくても楽しめると思います。

鉢植えなどで少ない種類の花を寄せ植えするなら、
全部の花が一緒に咲いた方が綺麗ですよね。

ニチニチソウは開花時期が長いです。

その間に咲く花を適当に選んでもいいですが、
なるべく開花時期が長く重なる花を選ぶのがコツです。

6月~10月頃に咲くような花を選ぶといいですね。

 

~植え付け時期と方法~

時期

ニチニチソウや他の花を含め、
梅雨入り前の5月頃までに植え付け(寄せ植え)をしてしまうといいです。

遅くても梅雨明け~7月頃が良いと思います。

近くのお店で苗を買う時は4月頃に見に行ってみると、
夏の花が出回っていると思います。

植え付けの方法

植え付け時は、水はけの良い土に植えます。

鉢底石を敷いて、
赤玉土6:腐葉土4を配合した土に緩効性化成肥料を加えます。

それか、草花培養土を使ってもいいです。

ニチニチソウなど連鎖障害が出る花もあるので、
鉢植えなどなら新しい土を作って、
花壇で連作するなら土壌改良剤を使ってください。

ニチニチソウなどを寄せ植えするときは、
花壇などなら間隔を20cmくらい空けて植えます。

鉢や小さい花壇で寄せ植えするときに、
苗の土や根を減らしたくなるかもしれませんが、
むやみに根を切ったりしないでくださいね。

ニチニチソウは直根性の太い根で、
根が傷つくと弱ってしまいます。

土を軽くほぐして植えるくらいにしましょう。

 

~寄せ植えの管理方法~

「切り戻し」
できれば、梅雨入り前の5月下旬頃に、
寄せ植え全体の切り戻しをしておくといいですよ。

「肥料」
花が咲き始めたら追肥が必要です。
緩効性化成肥料を月に一度か、液肥を2週間に1度あげます。
リン酸(P)成分が多い肥料をあげてください。

「水やり」
ニチニチソウなど乾燥に強い花といっても、
カラカラに乾燥すると弱ります。
土がずっと乾いたままにならないように、
適度に水やりをしてください。

あとは、植え替えはせずに花が終わるまで楽しみましょう。

ニチニチソウなどの直根性の花は根の傷みに弱いので、
植え替えは難しいようです。

 

まとめ

ニチニチソウと相性の良い花は、
暑さに強く、乾燥(気味)を好む花です。

花の色や草丈の高さなどのバランスを見て、
綺麗な夏の寄せ植えを作ってみてくださいね。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!