クリスマスの時期が近づくと
多くのポインセチアが街を彩っています。

赤や緑のクリスマスカラーが浮きだった気分を
より盛り上げてくれますよね。

”クリスマスフラワー”とも呼ばれ、まさにクリスマスの定番として
様々な場面で活用されています。

またクリスマスのプレゼントとしても重宝されているポインセチア。

せっかくの贈り物、花言葉も知ってよりいっそう
素敵なプレゼントにすることができますよ。

今回はそんなポインセチアの花言葉を色別と由来も交えてご紹介します!

最後にポインセチアをプレゼントするのにちょっとしたポイントも
まとめたので是非参考にしてくださいね。

ポインセチアの花言葉

それでは早速ポインセチアの花言葉を見てみましょう!

花言葉とはその植物の見た目・生態・歴史など、
様々な視点から付けられることが殆どです。

その為、花言葉を知ることで、
ポインセチアのことをもっと知ることができますよ。

ポインセチア(全体)の花言葉

「幸運を祈る」
「清純」

「清純」という花言葉は、メキシコの先住民族が
ポインセチアの輝くような色を
清純のシンボルとしていたことに由来するようです。

赤のポインセチア

「聖夜」
「聖なる願い」
「私の心は燃えている」
「祝福する」

ポインセチア原産国であるメキシコでは
「ノーチェ・ブナ(聖夜)」と呼んでいます。

この聖夜とは、キリストが誕生した日の夜のことを指しています。

キリストが誕生した直後に、東の国で西の空に見えた星を
キリストが誕生した土地の名にちなんでベツヘレムの星と呼びます。

そして、ポインセチアは星の形に似ていることから、
キリストの誕生の象徴とされるベツヘレムの星の飾りなどに
使われるようになりました。

このことから、「聖夜」「聖なる祈り」などの
花言葉がつけられたようです。

また「わたしの心は燃えている」という花言葉は
燃えるように赤いその姿からきているようです。

白のポインセチア

「祝福を祈る」
「慕われる人」

白はウエディングドレスの定番カラー。

その為、幸福を表す花言葉になったのではないかと思われます。

ピンクのポインセチア

「思いやり」
「純潔」

ピンクのポインセチアはプリンセチアという
品種で2009年に日本で開発されました。

その際、プリンセスのような気品のある可愛らしい
姿からこそ花言葉がつけられたようです。


Sponsored Link

クリスマスフラワーと呼ばれるのはなぜ?

クリスマスカラーは赤色・白色・緑色の3色になります。

この3色は赤のポインセチア、白のポインセチア、
緑の葉で表すことができます。
※白色は樹液という説もあり

このことからポインセチアは
別名”クリスマスフラワー”と呼ばれるようになったようです。

またクリスマスカラーの赤色・白色・緑色の持つそれぞれの意味は

  • 赤色…キリストの流した清らかな血の色
  • 白色…純潔(きれい)
  • 緑色…エバーグリーンで永遠の命や愛

だそうです。

本来キリストの生誕祭であるクリスマスは、
そのカラーの由来もキリストにちなんだもののようですね。

 

ポインセチアをプレゼントしよう

  • リースでプレゼント

ポインセチアのプレゼントといえば鉢植えが殆どではないでしょうか。

しかし、鉢植えは植物を育てることが苦手な人や
置き場所がない人にとっては有難迷惑な場合もあります。

そこでお勧めなのがリースです。

リースは水やりなどの必要がなく、加工されていることから
通常よりも長く楽しむことが可能です。

さらに壁や扉にかけて飾ることができるので、
スペースを取ることなく、部屋全体を華やかに彩ることができます。

玄関の扉にかけることでお家の外側から
お洒落に飾ることができるのでちょっとした贈り物としても
喜ばれるでしょう。

毎年の贈り物にマンネリ化してしまっている人などには
お勧めのプレゼント方法ですよ!

  • 色を混ぜたプレゼント

せっかく花言葉を知ったからには活用しない手はありませんよね。

ポインセチアには様々な花言葉があるので、
違う色通しを合わせることで、特別なメッセージを含んだ
プレゼントにすることもできます。

例えば、白の「慕われる人」はイコール
「好きな人」ととらえることもできます。

赤色の「聖なる祈り」は「神に祈る」ということですから、
”好きな人のことで神に祈る”は好きになって欲しいや
告白の意味ともとらえることができるでしょう。

このように、是非花言葉を使ったメッセージでプレゼントしてみましょう!

  • ポインセチアでプロポーズ

クリスマス告白やプロポーズのタイミングとしては最適です。

もしクリスマスにプロポーズをしようと
思っているのであれば是非ポインセチアを一緒に送りましょう。

ポインセチアの赤色の花言葉「わたしの心は燃えている」
はまさにプロポーズにうってつけです。

プロポーズといえば赤いバラですが、
ポインセチアの赤を送るプロポーズなんてどうでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ポインセチアの花言葉は、その見た目やイメージ、
また歴史などからきているようです。

またメッセージ性も強い花の為、
様々な場面での活躍が期待できそうですね。

今年のクリスマスには、この花言葉と一緒に
ポインセチアを楽しんでくださいね!


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!