品のある涼やかな色合いのポトスは室内でも
簡単に育てることができるので
インテリアとしても高い人気を持っています。

植物を育てることが苦手な人や手入れする時間のない人にも
日頃のお手入れもあまり必要がないポトスはお勧めです。

しかし、ポトスを栽培するのに必ず必要なのが”植え替え”です。

今回はポトスの栽培をもっと楽しんでもらうために
植え替えについて注意点やコツなどをご紹介していきます!

”ポトス”ってどんな植物?

科名:サトイモ科エピプレムヌム属
学名:Epipremnum aureum
別名:オウゴンカズラ
原産地:ソロモン諸島・東南アジアの亜熱帯、熱帯雨林

観葉植物の中でも、丈夫で育てやすいことから
ガーデニングに扱われることが多いです。

耐陰性が高いため、年中室内の栽培でも元気に育ってくれます。

淡く可愛らしい色合いから、インテリアに用いられることも多く、
ヒーリングアイテムとしても人気を博しています。

伸びたつるを切って水にさしておくと、
根が出てくるほど生命力も高いため
植物の栽培が苦手な人にも向いているでしょう。


Sponsored Link

土の配合はどうする?

植え替えといえば、土は必須アイテムですよね。

園芸に使用する土といえば、赤玉土や腐葉土などが主流です。

ポトスの場合も同じく、迷ったらまずは園芸店にある
観葉植物用の培養土がお勧めです。

当然、観葉植物に適した配合がなされているので、
特に初めてポトスを育てる方は観葉植物用培養土を
使用してみるほうがいいでしょう。

慣れてきたら、観葉植物用培養土に赤玉土(小粒)を足して
水はけをよくしたり、”赤玉土(小粒)6:腐葉土4”などで配合した
オリジナルの土を使ってみるのもいいですよ。

品種や置き場所によって、土の割合も変わってくるので
自分のポトスに合った土の配合を探すのも楽しいでしょう。

 

植え替えをしよう!

それでは植え替えを行っていきましょう。

植え替えの時期や注意点をしっかりと確認してから
作業に入りましょう!

植え替えの時期

ポトスの植え替えは2~3年ごとには行いましょう!

”水の吸収が悪い””鉢底から根が出ている””購入から2年以上経過している”など
植え替えのサインが出ている場合は必ず植え替えをしましょう。

一年の中で最も適した時期は5月~7月になります。

生育期に入るころに行うことで、
植え替えによって受けるダメージを軽減することができます。

逆に生育期の終った寒い時期に植え替えを行うと
植え替えによって受けたダメージが回復せず
結果枯れなどに繋がるので注意が必要です。

用意するもの

  • ひとまわり大きな鉢
  • 消毒済みはさみ
  • 新しい用土

植え替え方法

  1. 鉢に植わっているポトスを優しく取り出す。
  2. 根に絡んだ土をもみほぐしながら落とす。
  3. 黒ずんだ根をハサミでカットする。
  4. 新しい鉢の半分ほどまで土を入れておく。
  5. 新しい鉢の真ん中にポトスを置き、上から優しく土をかける。
    (鉢の縁から下4センチほどが理想)

注意点とコツ

  • 植え替え前にはポトス植わっている土を良く乾燥させましょう。
    乾燥させておくことで植え替えもしやすく、
    植え替え後の水をしっかりと吸収してくれます。
  • 黒ずんだ根は傷んでいるので、植え替えの際に必ずカットしましょう。
    傷んだ根を放置したまま植え替えると、元気な根も悪くなってしまうので
    植え替えの際は土を落としながら良く観察してください。
  • ポトスを鉢から出す際は、手で軽く根元を掘ってから出すと
    ポトスを痛めることなく出すことができます。
    無理に引っ張らず丁寧に株全体を掘り起こすように出しましょう。
  • ポトスを増やしたいと考えている方は植え替えと一緒に
    行ってみましょう!
    適した時期も同じなため、分けて作業するよりも同時に進行することで
    手間も省け、ポトスへの負担も軽減されるのでお勧めです。

 

植え替え後の手入れ方法

葉焼けのしやすいポトスは、植え替えから
1~2週間程度は強い日差しの当たる場所は避けましょう。

植え替えで受けたダメージで全体的に弱っているので注意しましょう。

また定期的に霧吹きで葉水を与えることで
極端な乾燥を防ぐことができるので是非行ってみてください。

植え替え直後にはたっぷりと水を与えて
生育期を迎えましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

乾燥や日陰にも強く、生命力も高いポトスは
園芸初心者でも気軽に楽しく栽培できる嬉しい観葉植物です。

植え替えも特に難しくないですが、注意点やコツをしっかりとおさえることで
ポトスをこれから先、長く楽しむことにもつながります。

是非栽培を楽しみながら植え替えを行ってみてくださいね。


Sponsored Link

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!