バラの押し花の作り方!簡単な下処理や便利道具で綺麗に作るコツ

バラは押し花に向いている?

バラは花びらが多いものもあるのできちんと前処理して押し花を作りましょう。

記念にもらったバラやお庭に咲いたバラ・・・。

残しておきたいバラを押し花にしてみましょう。

 

バラの押し花を楽しむ

バラの花の下準備

  • 新鮮なバラを用意
  • 汚れや虫・水分は取り除いておく
  • 花や葉が入り込んでいる場合は切り離したりして重ならないようにしておく

押し花を作るために準備するもの

  • 押し花にするバラ
  • 和紙
  • 乾燥シート・新聞紙
  • 重し(30kg〜50kg程度の本など)
  • ビニールシート
  • ウレタンフォーム

押し花の手順

  1. 新聞紙の上に和紙、乾燥シート、和紙を重ねておく
  2. バラを1.の和紙の上に重ならないように並べる
  3. 2.のバラの上に和紙をのせる
  4. 3.の和紙の上にウレタンフォームをのせる
  5. 4.の上に和紙、乾燥シート、和紙を重ねる
  6. 押し花が動かないように注意しながらビニールシートで包み湿気を防ぐ
  7. 用意しておいた重しを乗せて4〜5日ほど風通しの良い場所においておく
  8. 5日経ったら開けてみて乾燥が足りないようなら、乾燥シートを新しいものに取り替えて数日放置する

 

バラの押し花の簡単な下処理と便利道具で綺麗に作るコツ

バラの押し花の下処理

*バラの花びらは分解する(花びらの多い品種)

バラの花は花びらが多いので、花びらを分解する方が綺麗な押し花になります。

花びらの少ない品種なら分解せずにそのまま押すことも可能です。

 

*花びらのシワを防ぐためにどうすればいい?

下処理はバラの花びらには膨らみがあるのでそのまま押すとシワができてしまいます。

それを防ぐために、花びらの付け根の部分は切り取り、付け根の膨らみの部分の4分の1くらい縦に切り込みを入れることでシワが防げます

便利道具を使って押し花を綺麗に作るコツ

「押し花キット」という必要な道具が揃ったキットが販売されています。

押し花キットを使うと、簡単に綺麗に押し花を作ることができます。

 

作り方の手順がわかりやすいです。参考にしてくださいね。↓

押し花キットを使って作る手順

  1. 乾燥シートの上にウレタンスポンジを置いてから合成薄紙を重ねます。
    その上に下処理したバラの花びらを重ならないように並べる。
    その上に合成薄紙を置き、さらにその上にウレタンスポンジ、乾燥シートを重ねる。
  2. 花を挟んだまま容器に入れ、キットにセットされている抑え用スポンジを乗せ蓋をしめておく。
  3. 4〜7日放置すれば押し花が完成しています。

 

バラの押し花の作品を綺麗に作るポイント

バラの花はピンセットで優しく丁寧に取り扱いましょう。

バラの花を台紙に接着剤で貼ります。
接着剤は竹ぐしを使い萼や葉柄、葉脈、茎などの裏側に点々とつけて台紙などに貼り付ける。

作品を作っている途中で、遠くから眺めてバランスが良いかどうかみながら作ると良いでしょう。

 

押し花を使った作品

押し花をソープに

バラの花びらで作って優雅なバスタイムを〜。

 

押し花をしおりに

読書好きな方へのプレゼントにしても喜ばれますね。

 

押し花を額に入れて

記念に置いておきたいという時にはこれがオススメです。

 

バラの押し花の作り方まとめ

バラの花は花びらが多いのでそのまま押し花にしても上手くできません。

一枚ずつ花びらを分解してから押し花にしましょう。

ただし、写真のような一重のバラはそのままでも作ることができますよ。

 

押し花キットを使うと必要なものが全部用意されているので、手軽にできますね。
また重しがいらないところも手軽で良いと思います。

記念にとっておきたい、大切な思い入れのあるお花は押し花にするがオススメです。

大きな作品にしなくても、栞(しおり)やはがきなどにひとひらというのも素敵だと思います。

では、押し花で素敵な作品を作ってくださいね。