原産が日本ということもあり、
身近な存在として親しまれてきた彼岸花。

”彼岸花”という名から、
不吉なイメージを持つ人もいるでしょう。

ところが彼岸花という名以外にも、
彼岸花には多くの別名があることを知っていますか?

今回はそんな彼岸花の別名とその由来、
色によって異なる種類までもをまとめてご紹介します!

彼岸花とは?

学名:Lycoris Radiata
科・属名:ヒガンバナ科・ヒガンバナ属
英名:Spider lily
原産地:日本、中国
開花期:7~10月(原種は9月)
花の色:赤、白、ピンク、黄、クリームなど

全草有毒植物と言って、
花や葉、はたまた球根までもに
毒をもつ彼岸花。

その毒たるや球根一つで
ネズミ1500匹の致死量となるほど。

しかしその毒性を使って、彼岸花を田畑沿いに
植えることで害獣を寄せ付けないように
していたとされています。

またその美しさから、彼岸花畑が観光名所となり
彼岸花の里と呼ばれる土地もあります。

毒の危険性がある反面、
有益に利用することで上手く共存しているようですね。

由来別!彼岸花の別名一覧

彼岸花の別名はおよそ
1000種類にも及ぶとされています。

次は由来別にした別名をご紹介します!

死などに由来した別名

お彼岸の頃に咲くことや
墓地などにも植えられることが多いので
このような名がついたのだと思われます。

  • 死人花
    読み方:しびとばな
  • 地獄花
    読み方:じごくばな
  • 幽霊花
    読み方:ゆうれいばな

彼岸花の持つ毒性に由来した別名

まさに毒そのものを象徴した別名。

中毒症状では痺れなども起こすことから
付いたと考えられます。

  • 毒花
    読み方:どくばな
  • 痺れ花
    読み方:しびればな

花の姿に由来した別名

花の形やその赤々とした色から
付けられたものでしょう。

狐火というように、火と狐は妖艶の
イメージもあり彼岸花の印象にも合致していますね。

  • 天蓋花
    読み方:てんがいばな
  • 狐の松明
    読み方:きつねのたいまつ
  • 狐花
    読み方:きつねばな

珍しい別名

あまり聞くことのない別名ですが、
”葉見ず花見ず”の花が咲くころに葉は出ず、
葉が出たころに花は枯れているという生態を
表した別名もあります。

それぞれが彼岸花の特徴をうまく表しながらも
印象を損なうことのない名をつけ
親しんでいたことが窺えますね。

  • 葉見ず花見ず
    読み方:はみずはなみず
  • 雷花
    読み方:かみなりばな
  • 石蒜
    読み方:せきさん
  • 龍爪花
    読み方:りゅうそうか
  • 剃刀花
    読み方:かみそりばな
  • 捨子花
    読み方:すてごばな

よく知られた別名

それぞれ彼岸花の別名としてはよく聞く名です。

また敢えて曼殊沙華と呼ぶ人も多いです。

  • 曼珠沙華
    読み方:まんじゅしゃげ
  • リコリス
    読み方:りこりす

 

彼岸花?地域によって異なる名

彼岸花の別名は地域によっても異なるとされ、
方言の衰退が進む昨今では貴重な方言の資料
としても重宝されているようです

  • 北海道…ウドンゲ・シニンノハナ
  • 沖縄…イー・コンソウ
  • 大阪…オマンジュウバナ・シュウトメバナ
  • 東京…ゴシャメンバナ・シブトッパナ

 

赤だけじゃない!色に寄って異なる種類

彼岸花は赤のイメージが強いと思いますが、
その実、白や黄色の等色鮮やか。

そこで色別の種類と、それぞれの名称をまとめてみました。

白色の彼岸花

  • リコリスニアホワイト
    クリーム色の花弁にピンク色がさし色となって可愛らしい種類。
  • リコリスアルビフローラ
    白の花弁にピンク色の筋か入ってるのが特徴。

  • シロバナマンジュシャゲ
    赤の彼岸花に比べ花弁の反り返りや縁のフリルが緩やか。

黄色の彼岸花

  • ショウキズイセン
    主に四国から沖縄に自生している。
    花弁は目がさめるような鮮やかな黄色をしている。

  • カチューシャ
    緑がかった淡い黄色が特徴。
  • 喝采
    花弁はカチューシャと比べて黄色の強いクリーム色。

ピンクの彼岸花

  • 貴婦人
    濃いピンク色をしており、花弁の先は紫色

  • 水中花
    薄いピンクに紫の筋が花弁の先から伸びている
  • ヘイジャクス
    鮮やかなピンク色と紫が縁からグラデーションになっている

まとめ

彼岸花や曼殊沙華といった名前で
呼ばれることが多いものの、
生態や地域によって面白い別名が
たくさんあることがわかりました。

たくさんの別名があるということは、
その分多くの人に親しまれている
ということでしょう。

今も昔と変わらぬ姿のまま人々を魅了して
楽しませてくれる彼岸花は、
日本になくてはならない花のようですね。

スポンサーリンク
記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!